【ひとり暮らし初心者へ】UR賃貸住宅の割引について

部屋 一人暮らし

管理室の人
管理室の人

電池くんは36歳にまだなっていないから、U35割引が使えるのよ。

電池くん
電池くん

U35割引??なんですかそれ・・・

管理室の人
管理室の人

UR賃貸住宅にはいろんな割引があって、対象者は家賃がお得になった部屋を選ぶことができるのよ。今回はそれについて解説させてもらうわ。

UR賃貸住宅の割引

 UR賃貸住宅にはいろいろな割引がある。

割引きの種類

U35割

そのママ割

子育て割

URライト

フリーレント

近居割

管理室の人
管理室の人

今回は、電池くんに関係あるU35割について解説するわ。

U35割

U35割とは、契約名義人の年齢が35歳以下の人限定の割引である。学生でも対象となり、契約名義人のほかに、配偶者もしくは、35歳以下の親族(6等親内の血族及び3等親内の姻族)が同居することができる。

 契約条件として、「期間3年間」の定期借家契約となる。定期借家契約とは、契約期間が満了すれば、契約が更新されることなく確定的に終了する契約である。

 URが再契約可能と判断すれば、契約者に再契約の案内が行われる。

管理室の人
管理室の人

分かりやすく言うと、35歳以下だと、お得な家賃で住むことが可能なの。でも、3年経ったら出ていってもらうわよっていう契約よ。

U35割はどのくらい安いのか

出典 UR賃貸住宅
出典 UR賃貸住宅

 神奈川県川崎市の賃貸住宅の画像で比較してみる。これは、同じ建物内の物件だが、全く同じ間取りや階数ではないので、単純比較はできないが、ほぼ同条件の物件といえるだろう。

 これで見ると、U35割が効いている物件は下の物件に比べて約20%安い家賃となっている。

他の物件を見ていても、大体が約20%割引となっている。

定期借家契約について

 定期借家契約は3年間である。つまり、3年経って契約が更新されない場合は引越をしなければならないのである。3年間の期間限定だから、その分家賃を安くするよということである。

 UR賃貸住宅に再契約について聞いてみると、「わからない。」とのことであった。3年経って再契約するかもしれないし、しないかもしれないという曖昧な回答であった。ただ、基本的には再契約はしないという方針であるとのことである。

 また、再契約できた際に35歳以下であっても、U35割は適応されないとのこと。なので、再契約できたとしても、家賃は20%上がることは確実である。

電池くん
電池くん

この、定期借家契約というのは大きなデメリットやな。単身赴任で3年以内に引っ越すことが確定しているような人には関係ないんやろうけど、それ以外の人は3年で引っ越すことを考えて住まなあかんちゅうことや。

わしは今、このU35割が適応された部屋に住んどってめっちゃ快適や。もし、3年経って家賃が上がってもここに住み続けたいと思えるほど満足しとる。でも、契約延長されんかったら出ていかなアカンのや。どうなるかはその時次第やけどな。

まとめ

 UR賃貸住宅にはいろいろな割引がある。今回はU35割について解説した。U35割は通常の家賃より20%安くなるが、定期借家契約で3年で引越することになるかもしれない。また、再契約しても家賃は上がってしまう。

 U35割はメリット・デメリットがそれぞれあるが、ひとり暮らしはじめての方にとっては、家賃が安くなるメリットが上回っているように感じるので、UR賃貸住宅を借りることを考えている方は、この割引を使うことを検討して欲しい。

電池くん
電池くん

わしは、メリットがデメリットを上回っとると考えとる。わしの今借りている部屋で考えると、割引が効きてない家賃は78000円や。3年間で計算すると468000円もお得に住めとるというわけや。これは大きいで。

管理室の人
管理室の人

U35割以外にもお得な割引がURにはいっぱいあるわよ。機会があればまた解説するわ。それはそうと、電池くん、内見した部屋は契約するのかしら?

コメント

タイトルとURLをコピーしました