【ひとり暮らし初心者へ】URの内見体験談2

一人暮らし

前回まで

35歳になり、親からひとり暮らしするように勧告された電池くん。物件探しをしていると、UR賃貸住宅のことを知る。UR賃貸住宅のひとつを内見し好印象の電池くん。さらに、お得な割引についても教えてもらい、さらに部屋探しを進める。

管理人さん
管理人さん

電池くん、U35割についても分かったみたいだし、内見した部屋を仮申込するかしら?

電池くん
電池くん

とりあえず、仮申込はせずに、他のUR賃貸住宅を見に行きます。(もう少しほかのところを見てから決めても問題ないやろ)

 電池くんが次に見に行く予定のところは、職場から徒歩で10分ほどのUR賃貸住宅。名称はデスティーノ内藤。

デスティーノ内藤

 電池くんが候補に挙げていた2つ目のUR賃貸住宅に向かう。団地名はデスティーノ内藤。

部屋のスペック

・築25年

・職場から徒歩10分

・最寄り駅までは徒歩30分

・間取り 3DK(和室1、洋室3)

・家賃65000円(U35割)

・トイレバス別

・3階

出典 UR賃貸住宅 

建物の外観はこんな感じである。

※実際の電池くんの住まいではありません。

 印象としては、最初に内見した部屋よりも新しいが、その分家賃が高いといった感じ。部屋に入る前に駐車場や駐輪場を見ると、かなりきれいにされている。ゴミ置き場はコンテナが置かれており、燃えるゴミなどはいつでも捨てられるようになっている。

 エントランスに入ると、エレベーターがあり、階段もかなり広い。部屋に入って見ると、

デスティーノ内藤の内見

出典 UR賃貸住

※実際の電池くんの部屋ではありません。

電池くん
電池くん

即決や!

 まず、驚いたのが、とてつもなくきれいであるということ。さらに、広い。この部屋が65000円で借りられるのならば、即決である。

 もうひとつ、会社の近くにUR賃貸住があったのだが、そこを見に行く気はすでになくしていた。このデスティーノ内藤に住みたいという気持ちが湧き上がってきた。すぐに、管理事務所に行き、仮申込をしたいところだったが、電池くんはその時はせずに帰宅する。

 なぜなら、そのまま仮申込をするよりも、はるかにお得にUR賃貸住を申込できる方法があるのだ。これを使えば、一カ月分の家賃を得することができるのだ。その方法は次回紹介する。

 

電池くん
電池くん

今思っても、このデスティーノ内藤との出会いは運命やったとしか思われへんほど、わしの条件にマッチしとった。間取りは完璧やし、室内もきれいや。さらに、周辺環境も荒れてる感じはせんかった。

すぐにでも、仮申込をしたいところやったけど、さらにお得に借りるために、気持ちを抑えて帰ったんや。

もし、仮申込しなくて誰かに先に申込されたら・・・と思う人もおるかもしれんけど、そこは焦らんほうがいいで。焦りは判断力を鈍らせるだけやからな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました