【30代独身】ひとり暮らしをはじめてやらなくなったこと1

やらなくなった 一人暮らし

電池くんはひとり暮らしをはじめて半年よね。

電池くん
電池くん

そうやな。最初はどうなるかと思ったけど、思った以上に快適や。

ひとり暮らしをはじめて変わったことってある?

電池くん
電池くん

細かいことを含めたらめっちゃあるけど、今回は大きな変化をいくつか紹介するで。

ひとり暮らしについて

電池くん
電池くん

ひとり暮らし半年の感想はこれや。思った以上に快適で満足しとる。

電池くん
電池くん

30代にしてはじめてひとり暮らしをするようになった経緯についてはこれや。

電池くん
電池くん

快適なひとり暮らしのために必要なことは準備や。しっかりと準備すれば満足いくひとり暮らしをすることができるで。

ひとり暮らしをはじめてやらなくなったこと

 ひとり暮らしをはじめてやらなくなったことがいくつかある。それについて記載していく。

コンビニに行かなくなった

 ひとり暮らしをはじめてやらなくなったことの1つ目が「コンビニに行かなくなった」ことだ。

 電池くんは実家暮らしの時はほぼ毎日コンビニに行っていた。通勤の時は必ずコンビニによって朝食とおやつを買っていたし、休日はロードバイクで走った帰りに寄っておやつやパンなどを買っていた。仕事の時は1日1000円、休日は500円は使っていたので、月に3万円はコンビニで使っていたことになる。

 しかし、ひとり暮らしをはじめてコンビニに全く行かなくなった。仕事に行くときは朝食を食べて行くようになったし、お菓子もまとめ買いして持っていくようになったので、コンビニで買い物をすることがなくなった。

 休日も帰ってから食べるようになったので、コンビニに行くことはなくなった。

 節約できているかといえば、他のところで購入しているだけかもしれないので、単純比較はできないが、月3万円コンビニで使っていた時よりも、節約できていることは間違いない。

休日に昼寝をしなくなった

 ひとり暮らしをはじめてやらなくなったことの2つ目が「休日に昼寝をしなくなった」ことだ。

 実家暮らしの時は、休日は必ず昼寝をしていた。朝から運動をしてお昼に帰ってきてお昼ごはんを食べる。そのあとに必ず昼寝というのが基本的な休日のルーティンであった。

 しかし、ひとり暮らしをはじめて昼寝をすることがなくなった。全くしなくなったということはないが、この半年で数回しかしていない。それほど回数が減ったのである。

 理由としては単純に「忙しくて昼寝をする時間がない」からである。

 朝から運動をすると、昼からは掃除や買い物をして夕食作り、夜は仕事や資格の勉強をする、といったように、時間が無いのである。

 実家暮らしの時に親にやってもらっていた、買い物や食事の準備を自分でするようになったため、昼寝をする時間を取らなくなったのである。

電池母
電池母

昼寝をしなくなって身体はしんどくないんか?

ということを言われるかもしれない。それについては

電池くん
電池くん

全くしんどくないで。むしろ、夜の寝つきはいいし、早起きすることが出来るしいいばっかりや。

ということである。

電池くん
電池くん

多いので次回に続くで。

この記事を書いた人
電池くん

総資産は3,500万円以上、30代独身の会社員。
倹約をモットーに月々13~14万円で生活しています。
日々の生活に不満はないけれど、アーリーリタイヤ(FIRE)っていいんじゃないのと考えています。
ひとり暮らしのお金や生活に役立つ情報を発信しています。
よろしくお願いします。

電池くんをフォローする
一人暮らし
電池くんをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました