【30代独身】ひとり暮らしをはじめてやらなくなったこと3

やらなくなったこと 一人暮らし
電池くん
電池くん

わしがひとり暮らしをはじめて半年が経つけど、ひとり暮らしをはじめてやらなくなったことを紹介する3回目や。前回までで4つ紹介したけど、今回はさらに2つを紹介するで。

ひとり暮らしをはじめてやらなくなったこと

1 コンビニに行かなくなった

2 昼寝をしなくなった

3 テレビを見なくなった

4 夜更かしをしなくなった

5 ゲームをしなくなった

 ひとり暮らしをはじめてやらなくなったことの5つ目が「ゲームをしなくなった」ことだ。

 パソコンや据え置き型のゲーム機をしなくなったということである。電池くんは実家暮らしの時もそこまでゲームをする方ではなかった。

 本を読んだり運動をしたりすることのほうが優先順位が高かったが、それでも時間が余ればポチポチとゲームをすることがあった。日によっては2~3時間以上ゲームをしているような日もあった。

 しかし、ひとり暮らしをはじめてゲームを全くしなくなった。パソコンに入れているゲームは全くログインしなくなり、アンインストールしたり、据え置き型のゲームもやることがなくなった。

 やらなくなった理由はテレビを見なくなった理由と同じで「時間が作れない」ということである。

 家事や他にやることが実家暮らしの時よりも大幅に増えているので、無駄な時間を減らす必要があったのだ。その無駄な時間を精査していくと、自然とゲームをする時間を省くということになった。

 ゲームをやらなくなって困ったことがあったかといえば、今のところない。職場などでゲーム好きなと話をすることがあったりするが、

電池くん
電池くん

最近ゲームしてないですね~。ところで・・・・

といった感じで話題に困ることはない。

 また、ゲームをしなくなったからといってストレスになることはない。今のところ、ゲームをしなくなったからといって、生活に弊害がないということである。

電池くん
電池くん

わしは読書や運動といった他の趣味があるからゲームをしなくなって問題ないけど、一番の趣味がゲームという人はそれを削ることは難しいかもしれん。

そこは個人差があると思うで。

6 無駄使いをしなくなった

 ひとり暮らしをはじめてやらなくなったことの6つ目が「無駄使いをしなくなった」ことだ。

 これは、コンビニに行かなくなったということと重なる部分もあるのだが、無駄使いをすることがとにかく減った。

 何気なく使っていた自動販売機やちょっとした買い物などをしなくなった。何かを購入するときは、「本当に必要なのか」、「持っているもので代用することはできないか」、「買ってから不必要にならないか」・・・などをよく考えて購入するようになった。

 それで、生活の質が下がったかと言えば、下がっていないと感じている。必要なものだけに囲まれて過ごす自分の空間と言うのは、非常に心地よいものである。

 いくら減ったということは、金額で表すことはできないが、確実に無駄使いしなくなった。

電池くん
電池くん

無駄使いというのは人それぞれや。

わしは、衣類なんかは清潔であればいいという考えやから、必要最低限しか購入しないけど、人によっては趣味として衣類にお金をかける人もいる。

自分にとって心地いい空間や時間を作ることが大切やで。

あと1回は続くで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました