支出13万円・2021年3月の家計簿公開【家計管理】

家計簿 家計管理
電池くん
電池くん

2月の家計簿を公開するで。

年度末でかかったお金がそれなりやった月となったで。

この記事を読めばわかること

・30代独身ひとり暮らしの節約家計の支出が分かります

・貯蓄率70パーセントを超えている家計の家計簿がわかります

電池くんのスペック

・30代独身ひとり暮らし

・中小企業の会社員

・資産は3,200万円以上

・月の生活費は13万~14万円、日々の生活は倹約がモットー

・年間の貯蓄率は約70パーセント

家計公開

 

 2021年3月の支出合計は135,838円でした。

 2021年2月の支出合計は111,689円だったので、24,000円多かったことになります。

 月の支出の平均が135,000円ほどなので、平均より800円ほど多かったことになります。

 

 

電池くん
電池くん

今月はちょっと支出が多かった印象があったから、予想どおり平均よりも多い支出となったで。

支出内訳

電池くん
電池くん

住居費と食費で64パーセント。相変わらずやけど、ここは固定費に近いからどうしようもないで。

 それでは、各項目を見ていきましょう。

住居費

 住居費は65,400円。

 毎月固定の正真正銘の固定費です。

 毎月の支出に対する半分を占めています。

 支出に対しての割合が多いですが、今の環境は最高なので引っ越すつもりはありません。

部屋のスペック

・築25年

・職場から徒歩10分

・最寄り駅までは徒歩30分

・間取り 3DK(和室1、洋室3)約70平米、ベランダ含み80平米。

・家賃65,400円(U35割)

・トイレバス別

・南向き

・3階

出典 UR賃貸住宅 

建物の外観はこんな感じである。

※実際の電池くんの住まいではありません。

食費

 食費は22,552円でした。

 食費の目安は25,000円にしています。

 緊急事態宣言が解除されて友達や同僚と食事に行く回数が増えたことによる増加です。

 もっと使っていたと思ったのですが、以外と抑えられていてホッとしました。

衣料費・医療費

 衣料費・医療費はともに0円でした。

 電池くんは服に全く興味が無いのと、仕事がスーツではないので衣料費は必要最低限しかかかりません。

 医療費が0円なのは悪くはないのですが、身体のケアは重要なので、ここはケチらないようにしています。

娯楽費

 娯楽費は7,772円でした。

 新日本プロレスワールドのサブスクリプション代、スーパー銭湯代、遊び代です。

 多くもなく少なくもなくといった感じです。

 日々の生活にストレスがかかっていないので、ストレス発散でお金を使うことが少ないです。

交通費

 交通費は992円でした。

 バイクのガソリン代のみです。

光熱費

 光熱費は6,426円でした。

 電気代が2,545円。契約電気会社はLooopでんき。

 ガス代が1,152円。契約ガス会社は関電ガス。

 水道代は2,820円。市町村管轄です。

 特に節約をしていないので、いつもどおりといった感じです。

仕事費用

 仕事費用は3,926円でした。

 主な支出はホワイトデーのお返し。

 本当は15,000円ほどかかっているのですが、ポイントを使って購入したので10,000円以上安くすんでいます。

 電池くんの会社に義理チョコの習慣はないのですが、仕事以外でも付き合いのある同僚からチョコをもらうのでお返しを送っています。

通信費

 通信費は6,351円でした。

 電池くんはガラケーユーザーなので、ガラケーの通信費とポケットWi-Fiの通信費です。

 3月は通話することが多かったので、通信料が高めです。

 通話料は実際には6,000円以上かかっていますが、無料通話の繰り越しがあったので、この金額で済んでいます。

日用品費

 日用品費は0円でした。

 ふるさと納税で洗剤、ティッシュ、トイレットペーパー等の日用品は賄っているので、特に買い足す必要のない月は0円になります。

保険代

 保険代は3,200円でした。

 賃貸住宅の火災保険の年払い代金です。

 借家人賠償と少額の家財に対する保険です。

 賃貸物件ではこの程度の保険で十分です。年間10,000円以上の保険は不要です。

 電池くんは生命保険には入っていないので、保険代は必要最低限です。

スポーツ費用

 スポーツ費用は8,316円でした。

 ロードバイクのチューブとタイヤをAmazonで購入した代金です。

 タイヤ2本、チューブ4本購入しました。

 暖かくなってくるとロードバイクに乗る機会が増えるので、メカトラも増えるでしょうが、健康維持のための必要出費です。

雑費

 雑費は10,903円でした。

 こんなに使ったかなと思ったら、FP3級の受験費用が6,000円近くかかっていました。

 あとは漫画などを購入した代金です。

電池くん
電池くん

FP3級は全然勉強できてないからヤバいで。

まとめ

 2021年3月の支出合計は135,838円でした。

 住居費が65,400円。

 食費が22,552円。

 娯楽費が7,772円。

 交通費が992円。

 光熱費が6,426円。

 仕事費用が3,926円。

 通信費が6,351円。

 保険代が3,200円。

 スポーツ費用が8,316円。

 雑費が10,903円。

 合計で135,838円でした。

 3月は平均よりも800円ほど支出が多い月となりました。

 特に無駄は支出はないので多くなっても問題ないです。

 月々13~15万円で生活できると、投資に25万円以上回すことができるので、蓄財が進みます。

 とはいえ、緊急支出が多い月も出てくるのは間違いないので、気を引き締めて倹約と蓄財に励んでいきます。

電池くん
電池くん

日々の生活に不満が無く支出が少ない。理想的な家計管理が今のところはできている。

でも、これがいつまで続くかはわからない。

状況が変われば一気に蓄財スピードが減少することもあるやろう。

今は蓄財が絶好調の時期やと考えて、悪い時が来るときに備える必要があるで。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ


読んでいただきありがとうございました。記事が良かったらクリックをお願いいたします。励みになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました