資産3,500万円を突破・2021年7月1週の資産公開【資産運用・家計管理】

資産状況 家計管理
電池くん
電池くん

2021年7月3週目時点での資産状況を公開するで。

今週もかなり資産が増加した週となったで。

この記事を読めばわかること

・倹約生活をしている30代独身の資産状況がわかります

・総資産は3,500万円以上ある電池くんの資産推移がわかります

電池くんのスペック

・30代独身ひとり暮らし

・中小企業の会社員

・資産は3,500万円以上

・月の生活費は13万~14万円、日々の生活は倹約がモットー

・年間の貯蓄率は約70パーセント

資産状況公開

 2021年7月1週の資産総額は35,419,740円となりました。

 先週と比較して466,659円の増加となりました。

資産が増加した要因⤴

ボーナスによる資産増加

・配当金の振り込み

 今週でカードの引き落とし、投資信託の積み立てなどの支出が多かったのですが、ボーナスと配当金によって、大幅な資産増加となりました。

 資産増加に最も重要なのは、働いて得る給料ということは、疑いようがありません。

 そして、株式や投資信託の含み益も資産増加には欠かせない要素です。

 給料だけでは資産増加に速度は付かないし、リスク資産だけでは資産は安定しません。

 資産増加において重要なのは、両方をバランスよく組み合わせることです。

 特に、リスク資産との付き合い方には注意が必要です。

 調子がいい時(今現在はかなり調子がいい)は問題ないのですが、調子が悪くなった時でも耐えられるようなバランスを保つこと必要があります。

 労働による給料は業種によって異なるでしょうが、働いて0円ということはありえません。

 その点では非常に安定しています。

 しかし、給料を貯金していくだけではスピードが出ません。

 そこで株式や投資信託で速度を出す必要があります。

 そうすることで、資産形成をバランスよくすることができます。

 労働による給料を中心としつつ、株式や投資信託をトッピングとして資産形成をする、それがサラリーマンの長期投資として最適解のひとつです。

サラリーマンの長期投資

・給料を中心として安定感を保ちつつ、株式や投資信託でスピードを出す。

電池くん
電池くん

資産運用が流行りだしていろいろ言われているけど、真面目に働いてコツコツと給料をもらって貯金していくだけでも、十分に生活していくことはできるで。

でも、貯金だけで資産形成するには定年退職まで休まず働くことが大前提や。

リタイヤを早めたいなら、別の方法を取るしかないで。

そのひとつでお手軽にできるのが株式投資や。

資産増減状況

 総資産は35,419,740円となりました。

 目安としていた3,500万円を突破することができました。

 起算日から比較して2,403,347円の増加です。

 今年の資産目標額を1年間で450万円増加させる3,550万円としていたのですが、このまま順調にいけば、今月には達成できそうです。

 

現金・預金・債券

 預金・現金・債券は24,047,150円。

 先週と比較して502,995円の増加。

 起算日から比較して、377,908円の増加。

 

電池くん
電池くん

現金・預金・債券はちょっとだぶつき過ぎな感じやな。

投資信託に資産移動はさせているけど、時間分散して変えていくことがリスク分散になると考えているで。

株式・ETF

 株式・ETFは5,553,464円。

 先週と比較して64,715円の減少。

 起算日から比較して280,329円の増加。

 

電池くん
電池くん

日本株・ETFは半年以上購入していないで。

最後に買ったのは去年の12月に買った積水ハウス(1928)や。

買っていないというよりも、買う余裕が無いというのが正しいかな。

投資信託

 投資信託は5,291,653円。

 先週と比較して27,160円の増加。

 起算日から比較して1,625,608円の増加。

電池くん
電池くん

投資信託は毎日積み立てをしているから、積立て額を考えたら今週は含み損が出ているで。

でも、投資信託は淡々と積み立ててだけやから、問題ないで。

年金(iDeCo)

 年金(iDeCo)は527,707円。

 先週から1,219円の増加。

 起算日から比較して119,763円の増加。

電池くん
電池くん

iDeCoは月々12,000円ずつ淡々と積み立てていくだけ。

期間も30年以上と非常に長い。

わしの投資スタイルと相性抜群や。

まとめ

 2021年7月1週の総資産は35,419,740円となりました。

 現金・預金・債券は24,047,150円。

 株式・ETFは5,553,464円。

 投資信託は5,291,653円。

 年金(iDeCo)は527,707円。

 今年の目標としていた3,550万円を上回りそうです。

 さらに、投資信託の評価額が株式・ETFの評価額を上回りそうです。

 非常に順調過ぎる資産形成ができています。

資産が増加した要因⤴

ボーナスによる資産増加

・配当金の振り込み

 やはり、サラリーマンの資産形成とって重要なのは給料をしっかりと貯める、生活費を抑える、残った金額で資産を購入する。

 これに尽きます。

 単純なことですが、多くの人ができていないのが現状です。

 しかし、サラリーマンはこれをしないと資産が増えることはありません。

 年収以上の生活をしているサラリーマン家庭は少なくないのではないのでしょうか。

 重要なのはバランスよく資産を増やしていくことです。

サラリーマンの資産形成で重要なこと

・給料をしっかりと貯める

・生活費を抑える

・残った金額で資産を購入する

 これをを考えつつ、資産形成していくことによって、資産を増やしていくことができるのではないでしょうか。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ


読んでいただきありがとうございました。記事が良かったらクリックをお願いいたします。励みになります。
この記事を書いた人
電池くん

総資産は3,400万円以上、30代独身の会社員。
倹約をモットーに月々13~14万円で生活しています。
日々の生活に不満はないけれど、アーリーリタイヤ(FIRE)っていいんじゃないのと考えています。
ひとり暮らしのお金や生活に役立つ情報を発信しています。
よろしくお願いします。

電池くんをフォローする
家計管理
電池くんをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました