デジタル疲れ知らず!ガラケーがいい5つの理由【仕事関係】

電話 仕事
同僚
同僚

電池くんってまだガラケー使っているのよね?

電池くん
電池くん

そうやで。ガラケーじゃないと生きて行かれへんかもしれんな。

同僚
同僚

なんでスマホにしないの?

今はスマホの方が安い場合があるわよ。

電池くん
電池くん

その辺りについては、ある程度は理解しているんやけど、いろいろ考えるとやっぱりガラケーに落ち着くわ。

今日は「ガラケーの魅力について」紹介するで

この記事を読めばわかること

・ガラケーの魅力がわかります

・スマホからガラケーに乗り換えた方がいい人がわかります

・30代で資産3,200万円以上の電池くんがガラケーを愛用している理由がわかります

電池くんのスペック

・30代独身ひとり暮らし

・中小企業の会社員

・資産は3,200万円以上

・月の生活費は13万~14万円、日々の生活は倹約がモットー

・年間の貯蓄率は約70パーセント

ガラケーの使用率について

出典 総務省情報通信白書

 少し古いデータだが、2018年時点でのモバイル端末保有状況は84パーセント。

 スマートフォンの保有状況は64.7パーセント。

 ガラケー・PHSの保有状況は26.3パーセントとなっている。

 モバイル端末の保有状況は横ばいなのに対して、スマートフォン保有状況は右肩上がり、携帯電話・PHSは右肩下がりとなっていることから考えると、ガラケーユーザーがスマートフォンユーザーに推移していることがわかる。

 この保有状況はスマートフォンとガラケーの2台持ちについては、保有状況からは読み取れないので、ガラケーのみ保有のユーザーはさらに少ないだろう。

電池くん
電池くん

ガラケーのみ利用してる人はわしの周りでは一人もおらん。

ガラケーを使っている人がいてもスマホとの2台持ちや。

 ガラケーはまさに時代遅れの端末である。

 しかし、ガラケーにはスマートフォンにはない良さがいっぱいあるのである。

 それを解説していく。

ガラケーの魅力1 無駄な連絡が来ない

 ガラケーの魅力1つ目が「無駄な連絡が来ない」ということである。

 無駄な連絡・・・これほど時間を無駄にするものは無いと電池くんは考えている。

 無駄な連絡の温床が「LINE等の連絡アプリ」であると電池くんは考えている。

 LINE等の連絡アプリ自体は便利なもので、使い勝手は非常にいい。電池くんもパソコンで使っている。

 しかし、使い勝手の良さから、ついつい必要のない事項までLINEを使って連絡しがちなのである。

後輩
後輩

本日の業務は予定通り完了しました。明日も予定通り出勤します。(LINE)

 このような全く意味のない連絡が送信されてくることがある。

 しかも、この後輩は自分の意志で送っているわけではなく、先輩や上司から「報告しといたほうがいいよ」と言われて送るのである。

 スマートフォンを使っていれば、これに対していちいちリアクションする必要がある。

電池くん
電池くん

お疲れ様。明日も頑張ってくれ。(LINE)

 何度も言っているが、この時間は全くの無駄である。

 しかし、スマートフォンを持っていないと、LINEの確認はすぐにはできない。

 そのため、

電池くん
電池くん

わしはパソコンでLINEしてるから、確認や返事は遅れるで。

重要な伝達事項は電話してくれると助かるわ。

 と周りには伝えている。

 そのおかげで、休みの日に仕事関係の連絡がくることは年に数回である。

 それで、仕事に困ったことは全くない。

上司
上司

電池くんは連絡が付きにくくて困るね。

 と思われることもあるだろうが、電池くんにとっては、休日に仕事の話をされるのが何よりも不快なので問題ない。

 スマートフォンだと重要でないことも連絡してくるが、相手がガラケーだと本当に重要なことしか連絡がこないのである。

ガラケーの魅力2 持ち運びが楽

 ガラケーの魅力2つ目は「持ち運びが楽」ということである。

 スマートフォンはガラケーと比較すると大型のものが多い。

 ポケットにしっかりと入ればいいのだが、入らないことも多々ある。

 そういった場合、鞄を持ち歩くことになってしまう。

 人にもよるだろうが、電池くんは「外出するときはなるべく手ぶら」が基本である。

 財布とガラケー、ハンカチが基本で、それ以上は持ち歩くことはないようにしたい。

 しかし、スマートフォン保有になると、鞄を持ち歩く必要が出てくるだろう。

 ガラケーは場所を選ばずにコンパクトに収納でき、持ち運びが楽なのである。

ガラケーの魅力3 余計な連絡先交換がない

 ガラケーの魅力3つ目が「余計な連絡先交換がない」ことである。

 スマートフォン保有だとLINE等の連絡アプリとして入れていない人はいないだろう。

 電池くんの仕事業界ではとにかく連絡先交換したがる人がいる。

 ちょっとした同業者の集まりで会っただけで

これも何かの縁ですので、LINE交換しておきませんか。

と言われることがあるのだ。

 しかも、これは非常に断りづらい。おそらくは、もう関わることがないであろう人であるにも関わらず連絡先交換をする。

 非常に時間の無駄である。

 これをガラケー持ちであれば、相手に波風たてることなく断れるのである。

電池くん
電池くん

僕、ガラケーしかもっていないんですよ。

何かあったら名刺のメールアドレスに連絡ください。

 と断ることができる。

 こうしていくと、自分にとって本当に必要な人しか連絡先を把握することがないし、精神的にも時間的にも非常に楽である。

 ガラケー所有者は余計な連絡先交換をする必要がないのである。

ガラケーの魅力4 無駄なネットサーフィンをしない

 ガラケーの魅力4つ目が「無駄なネットサーフィンをしない」ことである。

 ネットサーフィン自体は楽しいものではあるのだが、時間を忘れてやり過ぎてしまったことは、誰にでもあるのではないだろうか。

 インターネットは情報分析や物事の回答を見つけるのに欠かすことのできないツールだが、様々な誘惑がある。

 その誘惑に時間を取られてしまって、睡眠時間を削ってしまったりするのでは意味が無い。

 ひどい状態になると、食事中にもネットサーフィンをしてしまう人もいる。

 ガラケーだとそのようなことはまずない。

 通話、メールといった連絡手段として簡潔な機能しかないので、その目的の用途以外では使わないのである。

 固定電話をいじりながら食事をする人はいないだろう。

電池くん
電池くん

わしの職場にもスマートフォンが片時も手放されへんような人がいてる。

電車の中や車の中、あらゆるところでネットサーフィンかゲームをしてる感じや。

モバイル端末との付き合い方は人それぞれやけど、わしにはいい時間の使い方とは思われへんかな。

 

ガラケーの魅力5 情報収集能力が身に付く

 ガラケーの魅力5つ目として「情報収集能力が身に付く」ことである。

同僚
同僚

どうゆうこと?スマホの方が情報収集しやすいわよ。

と思われるだろうが、情報量のことではない。

 電池くんはガラケーしか持っていないので、困ったときにすぐに調べることができない。

 これは非常に不便である。そのせいで困ったことも多々あった。

 そして、困らないようにすることは「事前準備」である。

 限られた時間で事前準備をするためには、自分の欲しい情報をインターネットから素早く見つけ出す「情報収集能力」が必要不可欠である。

 この情報収集能力は天性のものもあるが、練習によって誰でも身に着けることができるだろう。

 しかし、これがスマートフォンを持っていると身に付きにくいタイプの人が一定数いるのである。

 電池くんはこの「身に付きにくいタイプ」に該当すると自分で感じている。

 そのため、情報収集能力を高めるために、ガラケーを使用するようにしている。

 実際の仕事においても

上司
上司

電池くんは調べて答えを出すのが早いね。

 と言われることがちらほらある。

電池くん
電池くん

限られた時間で調べものをするから、必要な情報をサッと取り出して自分で理解しなアカン。

これは訓練で身に着けるものやけど、スマートフォンがあると、時間を使い過ぎてしまうんや。

まとめ

 ガラケーの魅力を5つ紹介した。

ガラケーの魅力

1 無駄な連絡が来ない

2 持ち運びが楽

3 余計な連絡先交換がない

4 無駄なネットサーフィンをしない

5 情報収集能力が身に付く

 電池くんがガラケーを持っていて魅力と感じるのはこの5つである。

 しかし、ガラケーの方がいい!というつもりは全くない。

 スマートフォンとガラケーを比較した時、デバイスとしてどちらが優れているかは、保有率の推移を見ても明らかだろう。

 しかし、スマートフォンで時間やお金を無駄にしている人が数多くいることもまた事実だろう。

 大事なのは、スマートフォン、ガラケーどちらを持つ・・・ということではなく、持ったデバイスをに支配されることなく扱える能力を持っているかどうかである。

 スマートフォンを持っていても、自分を厳しく律して見事にスマートフォンを使いこなしている人もいる。

 そんな人を見ていると「すごいな!」と思うのと同時に「自分にはできないだろうな」と考えてしまうのである。

 電池くんがスマートフォンを持ったら「無駄なインターネットサーフィン」などはまずやってしまうだろう。

 スマートフォンを持っていない理由のひとつとして、そうならないように予防しているのである。

 大事なのは便利なものとの付き合い方であると、電池くんは考えている。

電池くん
電池くん

あと何年かはガラケーが使えるからそのまま使うつもりやで。

3G回線が終了すれば使えなくなるやろうから、そうなった時はまた考えるわ。

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ


読んでいただきありがとうございました。記事が良かったらクリックをお願いいたします。励みになります。
この記事を書いた人
電池くん

総資産は3,400万円以上、30代独身の会社員。
倹約をモットーに月々13~14万円で生活しています。
日々の生活に不満はないけれど、アーリーリタイヤ(FIRE)っていいんじゃないのと考えています。
ひとり暮らしのお金や生活に役立つ情報を発信しています。
よろしくお願いします。

電池くんをフォローする
仕事
電池くんをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました