【仕事をはじめたばかりの方へ】上司とコミュニケーションをとるメリット・デメリット

コミュニケーション 仕事

上司とのコミュニケーション

上司とのコミュニケーション

 今、テレワークが導入されて在宅勤務が増えてきているが、多くの人が週に何度かは会社に出勤していると思う。仕事をはじめたばかりの時は、先輩や上司とのコミュニケーションの取り方に悩むこともあると思う。「話が合わないから」とか「緊張するから」なんてことは誰にでもある。しかし、そうやってコミュニケーションを取らずに仕事をして結果をだせるのは、ごく一部の天才的な人だけである。多くの人は、先輩や上司とコミュニケーションをとって、仕事をしていくことになる。上司とコミュニケーションを取ることはメリット・デメリッがある。

上司とのコミュニケーションを取るメリット

・時間の節約になる。

・仕事の環境が良くなる。

・お互いの理解が深まる。

上司とコミュニケーションを取ることによるデメリット

・ストレスになることがある。

・場合によっては時間の無駄になる。

 電池くんは、基本的に先輩や上司とはコミュニケーションをよく取る方だ。それは、メリットがデメリットを上回っていると考えているからである。

電池くん
電池くん

コミュニケーションが苦手な人もおると思う。そうゆう人は、「この人とコミュニケーションを取ることで、メリットの方が大きいかそうでないか」で判断するのも1つの方法や。自分の担当のことをよく知っている人でも、コミュニケーションを取ることによって、めちゃくちゃストレスが溜まるような人にはコミュニケーションを取らんほうがいいかもしれん。そこは自己判断やな。

上司とコミュニケーションを取るメリット

時間の節約になる

 仕事をはじめたばかりの時は、マニュアルなどを呼んでも分からないことが多々ある。それを自分で調べて解決しようとすることは膨大な時間がかかってしまう。そんな時、上司や先輩に聞けばすぐ解決することは多いのではないだろうか。「コミュニケーションが苦手だから」という理由で自己解決しようとするのは時間の無駄である。

電池くん
電池くん

聞きにくい上司もおるやろうけど、そこはちょっとだけ頑張らなアカンで。お金をもらって仕事をしとるんやからな。

でも、わしは聞きやすい環境を整えることが、上司や先輩の仕事やと思っとる。その分新入社員より高い給料もらっとるんやからな。

仕事の環境がよくなる

 コミュニケーションを取ることで、「この人はこんな人なんだ」とか「この人はこういうふうな考えなんだな」というのがわかってくる。逆に上司や先輩も「この新人はこういうことが得意なんだな」とか「こういうことが向いているんじゃないか」と考えるようになる。いくら高い能力をもっていても、それが発揮されなかったり、認知されていないのは非常にもったいない。コミュニケーションをとることは、自分をアピールすることになるのだ。

電池くん
電池くん

本来は、コミュニケーションをとってアピールせんでも、部下の能力を把握するのが上司の仕事やねんけど、それができる人はなかなかいない。自分が正当な評価を受けていないと感じる人はコミュニケーションがちょっと足らんのかもしれん。

苦手でも、ちょっとだけ頑張って自分をアピールしていこな。そうすることで、環境がよくなるで。

お互いの理解が深まる

 コミュニケーションをとることによって、自分のことをアピールするだけではなくて、上司や先輩の足りないとこも見えてくる。自分をアピールするだけでは、一方通行だが、相手のことも伝わってきてはじめてお互いの理解が深まってくる。

 上司や先輩も足りないところはいっぱいあって、それをカバーできる後輩はとても心強い。世の中に完璧な人はなかなかいないので、お互いをカバーできる環境作りのために、コミュニケーションを取ることは重要である。

電池くん
電池くん

わし自身も、後輩に学ぶことはすごく多い。もしかしたら、上司や先輩から学んだことよりも多いかもしれん。それができたのも、しっかりと後輩とコミュニケーションを取ったからやと思っとる。

まとめ

上司とのコミュニケーションを取るメリット

・時間の節約になる。

・仕事の環境が良くなる。

・お互いの理解が深まる。

 

電池くん
電池くん

ここでは、上司や先輩とコミュニケーションを取ることはについて解説したで。わしは、メリットがデメリットを上回ってることが多いと思っとる。

でも、残念ながら、デメリットが遥かに上回っとる上司も少なからずおるで。そうゆう人とは関わらんことが一番や。でも、そういう判断も、少しはコミュニケーションを取ってみんとわからん。だから、苦手な人も仕事やと思って、最初は頑張ってみてな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました