【30代独身一人暮らし】運動・体形維持について

スポーツ

運動・体形維持について思うこと

 30代になってくると、身体が疲れやすくなるし、その疲れも抜けにくい。10代の時なんかは、どんなに疲れていても、その日寝れば翌日には疲れは抜けているし、一日休めば身体は新品のパーツに取り換えたようにリフレッシュしていた。しかし、年齢を重ねるにつれて、疲れを感じやすくなったし、すぐに疲れるようになった。さらには社会人になると、飲み会やら外食をする機会が多くなり、どうしても脂肪の付きやすい食事をするとことが多くなる。そうすると、動かない→脂っこい食事→動かない→お酒・・・というようなサイクルになってしまい、太っていくようになってしまう。

 電池くんの学生時代の友人でも、学生の時から20キロ増えたというような友人もいる。これはどう考えても身体に悪いのではないだろうか。といっても、周りの30代、40代を見渡すと、太ってしまう人が少なからずいる。なぜ、太ってしまうかというと、ひとつの理由として「運動をしない」とこが挙げられると思う。しかし、自分の身体はこれから何十年と使っていく変えのきかない大切なものである。自分の車がパンクすればすぐに修理するのに、自分の身体が異常な状態でもそれを解消しないのはものすごく良くない。忙しくてできないよという人も、自分の身体を大切にするために運動をしてほしい。

電池くん
電池くん

30代、40代になってくると、おなかが出てきている人は大勢おる。もちろん、それが絶対に悪いこととは思わんけど、できるだけ体形維持はしといたほうがいいと思うで。わしは、若々しく見られたいとは思わんけど、自分自身が健康でいるための身体作りはするようにしてるで。

その成果で、体重は10代のころから全く変わってないで。腹筋も適度に割れとる。

どんな運動をしているか

 電池くんがしている運動、それは「ロードバイク」、「ランニング」である。それを日常の生活に取り入れることによって、体形を維持している。今回から何回かに分けて「ロードバイク」、「ランニング」について解説する。

電池くん
電池くん

運動自体は何でもええと思う。サッカーやテニスなんかでもええやろうし、筋トレでもいいと思う。自分の好きな運動をすればいいんや。でも、運動はあんまり好きじゃないという人もおるやろう。そうゆう人にはわしがやってる「ロードバイク」と「ランニング」をオススメするで。

ロードバイク

  ロードバイクとはどういうもの解説していく。

ロードバイク

 ロードバイクとはこうゆう形の乗り物である。複雑な定義があるのだろうが、スポーツタイプの自転車と思ってもらえればいい。この自転車を漕いで走るだけ。ただこれだけの運動である。

これでどのくらい効果があるのかというと・・・

 これは、電池くんが実際にロードバイクで走った時のデータなのだが、ここで注目すべきは消費カロリー。なんと、1252カロリーも消費している。(サイクルコンピューターでの数値なので、正確ではない可能性があります)すごいことである。いやいや、100キロも走っているし・・・と思われるかもしれないが、慣れてくれば100キロなんかはすぐに走れるようになる。午前中に終わる距離である。

電池くん
電池くん

ロードバイクのいいところは、一人でできるっちゅうことや。社会人になると、仕事が優先されるから、友人と休みが合わんっちゅうことが多い。複数人が必要なスポーツやと、予定を組むことからはじめなアカンけど、一人でできるスポーツは自分のやりたい時にできるのがいいとこやな。

まとめ

 年齢を重ねてくると身体が疲れやすくなって、運動をしないようになってくる。運動しないと太っていき、太りすぎは身体によくないことが多い。だから、運動をしよう。電池くんのオススメは

・ランニング

・ロードバイク

 今回はロードバイクについて少しだけ解説した。年を重ねても健康でいるために、運動をしていこう。

運動が嫌いやっちゅう人も、何か自分に合うスポーツを見つけてほしい。運動がどうしても嫌いな運動アレルギーの人は、山登りのような趣味でもいいかもしれん。

身体も頭と一緒で使わんと衰えていってしまうとわしは思っとる。みんなも少しずつでええから運動を生活に取り入れてほしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました