30㎞のランニングで大阪国際空港まで【スポーツ】

大阪国際空港 スポーツ
電池くん
電池くん

休みの日にランニングで伊丹空港まで行ってきたからその様子を公開するで。

電池くんのスペック

・30代独身ひとり暮らし

・中小企業の会社員

・資産は3,200万円以上

・月の生活費は13万~14万円、日々の生活は倹約がモットー

・年間の貯蓄率は約70パーセント

・運動を日常的にしている

大阪国際空港

 大阪国際空港は兵庫県の伊丹市と大阪府のと豊中市にある空港で、国内線のみの運航をしている空港である。

 関西圏在住でない人は関西国際空港と間違えてしまいそうだが、そうではない。関西国際空港よりも規模が小さく、徒歩や自転車で入口まで入ることができる。

 そこまで行って帰ってくるのが電池くんのランニングコースひとつである。

 いろいろ回り道をして片道15キロメートルほどの距離である。

ランニング概要

 片道15キロメートル走り、空個まで到着。

 ペースは1キロメートルを5分30分ほどのゆったりとしたペースで走り、1時間20分ほどで到着。

 空港で屋上まで行って少し休憩をする。

 平日なので飛行機は少なめ。コロナウイルスの影響で減便もしているのだろう。

 空港の中も人は少ない。

 来た道を同じようなペースでランニングして帰っていく。合計で3時間程度で自宅まで帰ることができた。

まとめ

 休日に大阪国際空港までランニングをした。

 距離にして30キロメートル。

 3月半ばでもまだまだ寒かった。

 空港の屋上で休憩するのは非常に気持ちがよかった。

 暖かくなってきたらロードバイクで走る機会が増える。

 ランニングはロードバイクで走る時の心肺機能を落とさないように続けているが、ランニングも面白くなってきている。

 ロードバイクでトレーニングするとなると短くても2時間以上かかるが、ランニングだと1時間程度のゆったりとしたトレーニングをすることができる。

 春からも少しずつランニングを取り入れて行きたい。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(一人暮らし)へ
読んでいただいてありがとうございました。記事がよかったらクリックお願いいたします。励みになります。

この記事を書いた人
電池くん

総資産は3,500万円以上、30代独身の会社員。
倹約をモットーに月々13~14万円で生活しています。
日々の生活に不満はないけれど、アーリーリタイヤ(FIRE)っていいんじゃないのと考えています。
ひとり暮らしのお金や生活に役立つ情報を発信しています。
よろしくお願いします。

電池くんをフォローする
スポーツ
電池くんをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました