【ロードバイクをはじめたい方へ】初期費用について1

スポーツ

 

同僚A
同僚A

電池くん、ロードバイクに興味があって調べてるんだけど、どのくらいのを買えばいいのかしら。

電池くん
電池くん

わしは、最初は10万円ぐらいのを買って、1年乗って楽しかったらそれなりのを買ったらいいと思うで。

同僚A
同僚A

う~ん。しっかりと続けようと思っているから、最初からちょっと値段の張るロードバイクを買うわ。

 こうゆう方にロードバイクの初期費用について解説する。

ロードバイクは車体を買って終わりではない

 ロードバイクは自転車本体を買って、そのまま乗れるわけではない。もちろん、乗るだけならできるが、最低でもこれだけは購入したほうがいいと思うものを紹介する。

 電池くんは車体とは別に用品に5万円はかけるのがよいと考えている。

 購入したほうがいいもの

・ウェア

・ボトル

・ボトルケージ

・ペダル

・靴

・ヘルメット

・サングラス

・サイクルコンピューター

・空気入れ

・携帯用空気入れ

・予備チューブ

・サドルバック

・スタンド

 この辺りは購入したほうが、サイクルライフが充実する。解説していく。

ウェア

 ロードバイクはもちろん何を着て乗ろうが自由だが、50㎞以上を乗ろうと思うと、シャツと短パン、リュックサックでは不快感が増してくる。はじめて間もない時は、とにかくお尻が痛くなってくる。ロードバイク専用のウェアなら、お尻にパッドが入っていて痛みを軽減してくれるし、トップスも背中にポケットが付いていて、物を収納しやすい。ロードバイクで長距離もライドを考えている方は、専用のウェアを購入して欲しい。

 ウェアの価格はピンキリだ。上下セットで3000円のものから、上下合わせて3万円以上のものまである。とりあえず初心者は安いウェアで十分なので、最高でも上下1万円を目安に考えて購入しよう。

ボトル・ボトルケージ

 ボトルとは、水分を入れておく入れ物、ボトルケージはロードバイクに取り付けるボトルを収納する部品のことだ。これも2個は用意しておくようにしよう。夏場は50㎞も走ると、とてもではないが1本(500ml程度)では足りない。最低でも2本持っているように準備しておこう。これも安いものでいい。ボトルは1本500円、ボトルケージは1つ1000円程度でいい。ボトルケージはカーボン製の軽いものもあるが、高いし、ボトルの取り出し方が悪いと割れてしまうことがあるので、金属製のものを選ぶようにしよう。

ペダル・靴

 これは、人によって異なる選択をする必要がある。購入したロードバイクによって、ペダルが付いている車体と付いていない車体があるからだ。たいてい、価格帯の安いロードバイク(10万円以下)はペダルが付いていることが多い。付いているペダルはフラットペダルといわれるもので、ママチャリについているペダルと同じだ。運動靴で乗れるので、これで乗る人はこのフラットペダルでOKだ。ペダル・靴の初期費用は0円で済む。

 ペダルの付いていないロードバイクはペダルを購入する必要がある。ロードバイクに取り付けるペダルは主に2種類で「フラットペダル」か「ビンディングぺダル」だ。「フラットペダル」は先ほど紹介した通りで、価格は3000円~5000円ほどだ。ロードバイクに取り付ける主流なペダルは「ビンディングペダル」である。これは、専用の靴が必要になる。「ビンディングペダル」は専用の靴に付いているクリートという部分とペダルが固定される仕組みになっている。多少の慣れは必要だが、慣れればすごく走りやすくなり、これなしではロードバイクに乗れないほどの必需品である。価格は「ビンディングペダル」が5000円~5万円、靴は1万円~5万ほどだ。初心者は「ビンディングペダル」は5000円~1万円、靴は1万5000円~2万5000円のものを選ぶのがいい。靴は安すぎるものは履きにくかったるするので、ちょっとお金をかけるのがいい。

ペダルについて電池くんからのアドバイス

電池くん
電池くん

わしは、ロードバイクを2台持っとる。練習用とレース用や。練習用は徹底してコスパ重視の装備や。ビンディングペダルは6000円のものを使っとるが快適そのものやで。

最初からビンディングペダルは使わんでもいいかもしれん。わしはルイガノのロードバイクに乗ってた時はずっとフラットペダルを使っとった。そうして、基礎を覚えてからビンディングペダルにしたで。

ビンディングペダルは靴とペダルが固定されるから、最初は慣れへんし、コケてしまうことが絶対にある。わしは、ロードバイク乗りはじめの時は、フラットペダルがオススメや。

電池くん
電池くん

ちょっと長なりそうやから、2回に分けて話すで。

  

 次回 【ロードバイクをはじめたい方へ】初期費用について1

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました