【ロードバイクをはじめたい方へ】初期費用について4

スポーツ

ロードバイクをはじめたい方へ初期費用について解説する。用品については、これで最後である。

電池くんはロードバイクをはじめるにあたっては、車体+用品5万円を初期費用としてオススメする。

 購入したほうがいいもの

・ウェア

・ボトル

・ボトルケージ

・ペダル

・靴

・ヘルメット

・サングラス

・サイクルコンピューター

・空気入れ

・携帯用空気入れ

・予備チューブ

・サドルバック

・スタンド

空気入れ・携帯用空気入れ・予備チューブ

 ロードバイクで欠かすことのできないメンテナンスがタイヤの空気圧調整である。ロードバイクのタイヤは主に7br~9brほどの圧力を必要とする。ママチャリが4br程度と考えると、ロードバイクのタイヤがいかに高圧であるかがわかる。当然、高圧だと、空気は抜けやすくなり、一週間空気を入れないと、すぐにタイヤの圧力が下がってしまう。ママチャリだと、月に1回程度という人も多いのではないだろうか。しかし、これは良くない。タイヤの圧力が下がってしまうと、走りにくくなるし、パンクの原因になりやすい。そのため、タイヤの空気圧調整はこまめに行う必要がある。

 タイヤの空気圧調整に必須なのが、空気入れである。価格は3000円~1万5000円、ボリュームゾーンは5000円ほどである。価格の高い空気入れは機能面で優れており、コンパクトであったり、少ない力で空気を入れることができる。

 電池くんは5000円ほどの空気入れを購入することをオススメする。空気入れは一度購入すると、頻繁に買い替えるものではないし、1つあれば何台ロードバイクを持ってようが対応できる。そうゆうことから、高価なものを購入してもよいかもしれない。しかし、安すぎるものはオススメしない。ものすごく空気が入れにくかったり、大きくて使いにくかったりする。

 携帯空気入れは、走行している時にパンクしてしまった際に使うものである。価格は1500円~2万円ほどで、ボリュームゾーンは3000円ほどである。価格の高い携帯空気入れは電動で空気を入れることができるものである。しかし、手動式が一般的で、高いものほど、コンパクトで少ないポンピングで空気を入れることができる。電池くんがオススメするのは、3000円ほどのものを購入することをオススメする。携帯空気入れは出先でパンクした時以外は使う機会が少ない。電池くんの体感だと、年に数回使うかな~という程度である。なので、そこまでお金をかけなくてもよいのではと思う。

 ロードバイクはパンクしてしまうと、基本的にチューブごと交換するのが一般的である。もちろん、ママチャリのようにパンク箇所にパッチを貼って・・・ということもできなくはないが、高圧の空気を入れるため、パッチを貼る修理は非常に難易度が高い。そのため、チューブを交換するほうが楽である。ロードバイクのタイヤチューブは800円~3000円、ボリュームゾーンは1000円ほどである。高価なチューブは主にレース用で軽量化されているものが多い。これは電池くんの体感だが、軽量化されているチューブはパンクしやすい。そのため、レースなど特別な事情が無い限りは、安価なチューブがいい。電池くんは普段は800円ほどのものを使っているが、全く不満はない(重量が重くなるので、登りなどはしんどいが・・・)なので、初心者の方には安価なチューブを購入することをオススメする。

電池くん
電池くん

大前提として、空気圧はちゃんと調整しようっちゅうことや。空気圧が少ない状態で走るとパンクの原因になりやすい。せっかく気持ちよく走っていても、パンクしてまうと、止まって修理せなあかんし、めんどくさい。

 空気圧をちゃんと調整できていれば、パンクリスクはかなり減らせる。それでも、パンクしてしまう時はある。そんな時にはじめて携帯空気入れが活躍するんや。

サドルバック

 ロードバイクはママチャリと違ってかごや荷台を付けることを想定して作られていない。ただ、ひたすらに楽に遠くに進むために作られたもので、荷物などを運ぶことを想定していないのだ。ただ、前述した携帯空気入れや予備チューブなどを持ち運ぶには入れ物が必要である。その入れ物がサドルバックである。一般的にはサドルの下に取り付けるように作られており、細々としたものを収納するためのバックだ。価格は3000円~1万円ほどでボリュームゾーンは5000円ほどではないだろうか。高価なものは防水機能が備わっていたり、軽量化されているなど機能面で優れている。電池くんは5000円ほどのものを5年以上愛用している。ここは好みによるが、電池くんは防水機能は不要だと思っている。なぜなら、雨の日はロードバイクに乗らないからだ。(突然の雨はどうしようもないが・・・)なので、初心者の方には5000円ほどのものをオススメする。防水機能が欲しい方はそれを購入しよう。

スタンド

 ロードバイクはママチャリと違って、地面に立てるスタンドが付いていない。(電池くんが最初に購入したロードバイクにはスタンドが付いていたが、10万円以上のロードバイクには付いていないことが一般的である。)これは、ロードバイクは室内保管が基本だからである。駐輪場にそのまま置いたりすることを想定して作られていないので、スタンドがおいていないのだ。そのため、室内で置くように取り外しできるスタンドが必要なのである。

 これは一律で1500円ほどで購入できるので、特に迷うことなく購入しよう。壁に吊るして保管を考えている方もメンテナンスするときに必要になるので、1つは持っておくと便利である。

まとめ

 4回に渡って書かせてもらったが、ロードバイクをはじめるには車体価格+用品代5万円を推奨する。

 購入したほうがいいもの

・ウェア 10000円

・ボトル 1000円

・ボトルケージ 1000円

・ペダル 3000円(ビンディングペダルなら6000円~)

・靴 不要(ビンディングペダルを使用するなら15000円)

・ヘルメット 10000円

・サングラス 3000円

・サイクルコンピューター 7000円

・空気入れ 5000円

・携帯用空気入れ 3000円

・予備チューブ 800円

・サドルバック 5000円

・スタンド 1500円

合計 50300円        

 これが、電池くんがオススメするおおよその目安である。もちろん、他にも工具や便利アイテムが必要ではあるが、初心者が5万円ほどではじめるには、このぐらいを目安に用品を選んで欲しい。

 

ちょっと高いと思うかもしれんけど、車体だけ購入するのではなく、用品にもお金をかけるようにしてほしい。

そうすることで、サイクルライフの満足度は間違いなく上昇するで。ロードバイクは万人が楽しいと思える趣味ではないけど、はまったらこれほど面白い趣味はないで。さらに魅力のひとつとして、ロードバイクはお金がかかるから、はじめる年齢が遅いこともポイントのひとつや。ちゃんとしようと思うと、どうしても20万円以上かかるから、高校生や大学生がはじめるのはハードルが結構高い。でも、ある程度お金がある社会人にはじめやすいスポーツなんや。

趣味がない人は、ロードバイクを趣味とすることを検討して欲しいで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました