30代独身の平均年収・平均支出を考えてみる【家計管理・資産運用】

平均年収 資産運用

電池くんもわたしと同じで30代でひとり暮らしよね。

わたしって平均よりも年収は上なのかしら?

電池くん<br>
電池くん

どうやろうな。わしも分からんから調べてみよか。

今回は30代労働者の平均年収・平均支出について見ていくで。

 働き盛りである30代労働者の金銭事情が気になる、そんな人のための記事です。

電池くんのスペック

・30代独身ひとり暮らし

・中小企業の会社員

・資産は3,500万円以上

・月の生活費は13万~14万円、日々の生活は倹約がモットー

・年間の貯蓄率は約70パーセント

この記事を読めばわかること

・30代労働者の年収・金銭事情についてわかります

・30代労働者がどのように資産形成するのがいいかわかります

30代労働者の平均年収

日本の労働者の平均年収・中央値

出典 dodaホームページ

 日本の労働者で働き盛りといえる35歳の平均年収は478万円。

 中央値は450万円となっている。

年収450万円の手取り額

年収450万円会社員の税金

・健康保険 265,164円

・厚生年金 417,240円

・雇用保険 13,500円

・所得税 103,000円

・住民税 205,800円

・計 1,004,704円

 職種によって異なるが概ね100万円ほどは課税される。

 年収450万円会社員の手取りは、3,495,296円となる。

 約350万円である。

 月々で考えると、291,000円使うことができる。

平均的なサラリーマン家庭

・家族構成

・30代男性 会社員 年収441万円 手取り340万円

・30代配偶者 専業主婦

・5歳の子ども

・年間支出 304万円

 総務省のデータを抜粋したものがこの平均的なサラリーマン家庭であるが、これに近いのが30代サラリーマンの家計状況である。

電池くん
電池くん

年収450万円なら月平均で約29万円入ってくる。ボーナスを年間100万円とすると毎月の手取りは約21万円。

生活するには充分やし、月々21万円を使い切ったとしてもボーナスを全て資産運用に回したら年間100万円を投資できるで。

貯蓄額

 2018年に金融広報中央委員会が実施した「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査]」によると、30代単身者の貯金額の平均値は572万円、中央値は300万円。

出典 総務省統計局

 40歳未満でみると、貯蓄現在高が708万円あるけど、負債が1,244万円。

 30歳代の平均貯蓄が572万円ということを考えても妥当な貯金額だろう。

 そして、負債が1,244万円というのは、住宅ローンによるものがほとんどだろう。

 そう考えると、平均的な家庭では家計全体でみると赤字になっているのが普通であるという状況である。

 これは、かなりの異常事態ではないだろうか。

 住宅を購入するというのは、もちろんローンを組んで行うことだが、それでも負債が1,000万円以上あるのが普通であるというのはかなりの違和感を覚える。

電池くん<br>
電池くん

30代で負債が1,000万円以上あるのが普通、という環境では満足な貯蓄はおろか、資産運用を考えるなんていうのは不可能に近い。

それが、30代の現状ということや。

ひとり暮らしの平均支出

 ここから年収450万円会社員の平均的な支出を考えると、貯蓄をほとんど出来ていないことがわかる。

 手取りで年間350万円あるにも関わらず、貯蓄ができていないということは、単純な計算はできないが、手取りのお金をほとんど使い切ってしまうことがわかる。

 そう考えると、30代独身ひとり暮らしの月々の支出は約25~29万円というのが妥当な金額だと電池くんは考えることができるだろう。

電池くんが考える最適な支出

 電池くんは平均年収よりも高い給料をもらっている。

 しかし、電池くんの月々の支出は約133,000円である。

 30代独身の平均支出が月々25~29万円と考えるとおよそ半分の金額で生活していることになる。

 属性や考え方、性別などいろいろな要素があるので一概には言えないが、月々25~29万円というのは使いすぎではないかと電池くんは考える。

 しかし、電池くんのような月々14万円以下で生活するのも一般的とは言えないだろう。

 電池くんが考える最適な支出とは「手取りの60~80パーセントで生活する」ことである。

 月々の手取りが25万円であれば、15万円~20万円で生活する。

 これが最適な支出ではないだろうか。

電池くん
電池くん

わしの場合は使わなさ過ぎやな。

でも、今の生活に大満足しているからな~。

月々の支出は緊急的な支出を除いて大きく増えることはないやろうし問題ないかな。

まとめ

 30代の平均年収・30代独身者の平均支出について考えてみた。

 30代の平均年収は450万円。

 手取りだと350万円。

 ここから考えると、30代独身の月々の平均的に使うお金は25~29万円となった。

 年収450万円で月々25~29万円は使い過ぎではないかと思う。

 電池くんの考える最適な支出は「手取りの60~80パーセント」である。

 そう考えると、年収450万円の労働者は月15万円~20万円で生活するのが、身の丈にあった生活といえるのではないかと電池くんは考える。

電池くん
電池くん

もちろん、これはわしの一方的な考え方や。

月15万円~20万円の生活をして貯金や投資をすれば幸せになれるかと言えば、全くそんなことはないで。

金銭的に言えば貯金をせずに毎月の給料を使い切った方が自分にとって満足度の高い生活を送れるという人もおるやろう。

その考えもわしはいいと思う。

貯金額や生活水準は他人と比べるものではなく、自分自身の価値観で決まるものやからな。

今回紹介した数字はあくまでも平均はこんなものですよ、ぐらいで参考にして欲しい。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ


読んでいただきありがとうございました。記事が良かったらクリックをお願いいたします。励みになります。

 

この記事を書いた人
電池くん

総資産は3,400万円以上、30代独身の会社員。
倹約をモットーに月々13~14万円で生活しています。
日々の生活に不満はないけれど、アーリーリタイヤ(FIRE)っていいんじゃないのと考えています。
ひとり暮らしのお金や生活に役立つ情報を発信しています。
よろしくお願いします。

電池くんをフォローする
資産運用
電池くんをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました