お金が貯まらない人は赤の他人にお金を搾取されているということ【資産運用】

お金が貯まらない 資産運用
同僚
同僚

給料はそれなりにあるのにお金が貯まらないわ。

 普通に生活しているのに何故かお金がたまらない。

 そんな人のための記事です。

この記事を読めばわかること

・自分のためにお金を使う大切さがわかります

・他人のためにお金を使っては資産が貯まらないことがわかります

電池くんのスペック

・30代独身ひとり暮らし

・中小企業の会社員

・資産は3,500万円以上

・月の生活費は13万~14万円、日々の生活は倹約がモットー

・年間の貯蓄率は約70パーセント

お金が貯まらない原因とは

 一般的なサラリーマンにとって、資産運用をする上で重要なことは給料をもらって、生活費を除いた金額をいかに証券会社に入金するかである。

CHECK!

・給料-生活費=投資資金

 一般的なサラリーマンは給料が急激に上がることはないのだから、投資資金を増やすには生活費を減らすのが最も手っ取り早い。

 生活費をいかに抑えるかが、一般的なサラリーマンにとっては資産運用において最も重要である。

 しかし、一般的なサラリーマンでも、生活費を抑えることができない世帯は非常に多い。

 その原因は無駄な支出が多いからである。

一般的なサラリーマンにとって無駄な支出

・給料に見合わない住居費

・給料に見合わない食費

・給料に見合わない贅沢費

 一般的なサラリーマンにとってお金が貯まらない、生活費を抑えることができない理由は給料に見合わない贅沢な支出である。

 これを見直さなければ一般的なサラリーマンがお金を貯めることは非常に難しい。

 そして、これよりもお金が貯まらない原因がある。

 それは、他人のために使っているお金である。

電池くん
電池くん

わしは支出を見直して月々13~15万円で生活しているで。

掃除、洗濯、自炊・・・やらないといけないことは多いけど、生活の満足度は非常に高いで。

その結果として、月に30万円以上を資産運用に回すことができているで。

他人のためにお金を使うとお金は貯まらない

同僚
同僚

他人のために使っているお金?

そんなにないはずだけど・・・

 他人のために使っているお金とは、「他人によく見られたい」という自分自身の願望のために使っているお金である。

 具体的に言えば、住宅、衣服、装飾品、車両などである。

同僚
同僚

住宅とか衣服とかが無駄ってこと?

電池くん
電池くん

いや、そうゆうことではないで。

 無駄なのは、他人によく見られたいと思って使うお金である。

CHECK!

・他人によく見られたいと思って使うのが、他人にお金を使うということ

 無駄なのは、他人によく見られたいと思って購入する住宅や衣服、装飾品、車両などである。

意識高いマン
意識高いマン

僕も社会人として年数が経ってきたから、オーダーメイドのスーツと50万円の時計を購入したよ。

新入社員に軽く見られたくないからね。

 このような「他人のために使うお金」を使ってしまうと一般的なサラリーマンはお金を貯めることが難しくなってしまう。 

同僚
同僚

職場の人はみんな新築一戸建てを買っているし、車も新車を買っているわ。

わたしも、みんなと同じように新築一戸建てと新車購入するわ。

 このように、他人に合わせるために「他人のために使うお金」を使ってしまうと、一般的なサラリーマンはお金が貯まらない。

同僚
同僚

電池くんは服を買うな、車は新車を絶対に買うなっていいたいの?

電池くん
電池くん

いや、そうではないんや。

重要なのは、自分ではなく、他人のために使うなということや。

 高価な衣服だろうが、新築一戸建てだろうが、新車のポルシェカイエンだろうが、自分にとって必要と思えば堂々と購入すればいい。

 しかし、ポルシェカイエンが欲しい理由に「他人によく見られたい」という願望が多く含まれているならば、それは、「自分のために使っているようで、他人のために使っているお金」ということになる。

 自分のために使っていると思っているが、実は他人のためにお金を使っている。

 これが一番危険で最もお金が貯まらないお金の使い方である。

一番危険な状況

・自分のために使っていると思っているが、実は他人のためにお金を使っているということ

電池くん
電池くん

これが、一番やっかいで問題のあるお金の使い方や。

自分のために使っていると思いつつ、実は不必要なものや必要以上に高価なものを買ってしまう。

他人のために使っているという認識が無い分、直すことができないからどうしようもないで。

 電池くんは他人によく見られたいと思う「他人のために使うお金」を全く使わないようにしている。

 使わないようにしているというか、他人が自分をどう考えているかに興味が無い。

 そういった感情が著しく欠如しているのだろう。

 そのため、生活費が抑えられ、貯蓄も溜まるし、資産も順調に増加している。

電池くん
電池くん

わしは、衣服は清潔であればいいし、興味のないものは必要最低限でいいという考えや。

まとめ

 一般的なサラリーマンにとって、資産運用をする上で重要なことは給料をもらって、生活費を除いた金額をいかに証券会社に入金するかである。

CHECK!

・給料-生活費=投資資金

 一般的なサラリーマンが投資資金を作れないのは無駄な支出が多いからである。

一般的なサラリーマンにとって無駄な支出

・給料に見合わない住居費

・給料に見合わない食費

・給料に見合わない贅沢費

 他人によく見られたいと思ってお金を使うとお金は貯まらない。

CHECK!

・他人によく見られたいと思って使うのが、他人にお金を使うということ

 そして、最も危険なのが、自分のために使っていると思っているが、他人のためお金を使っているという状況である。

一番危険な状況

・自分のために使っていると思っているが、実は他人のためにお金を使っているということ

電池くん
電池くん

今回言いたいのは、贅沢をするなということではないで。

贅沢をしてもいいんやけど、それは、自分や自分の大切な人に対してのみ向けるもので、全く関係のない赤の他人に向けるものではない。

赤の他人からいいように見られても、満たされるのはその場の自己顕示欲だけや。

そんなものに意味はないし、それにお金や時間をかけることは人生において全くの無駄や。

わしの考えになるけど、自分と自分の大切な人に対してのみ向ける贅沢なら、そんなにお金をかけることなくすることができると思うで。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ


読んでいただきありがとうございました。記事が良かったらクリックをお願いいたします。励みになります。
この記事を書いた人
電池くん

総資産は3,500万円以上、30代独身の会社員。
倹約をモットーに月々13~14万円で生活しています。
日々の生活に不満はないけれど、アーリーリタイヤ(FIRE)っていいんじゃないのと考えています。
ひとり暮らしのお金や生活に役立つ情報を発信しています。
よろしくお願いします。

電池くんをフォローする
資産運用
電池くんをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました