【投資初心者の方へ】NISAと積立NISAどっち?

お金 資産運用
同僚A
同僚A

電池くん、NISAとつみたてNISAについてはなんとなく分かったわ。私はどっちもやって資産形成をしていくことにするわ。

電池くん
電池くん

A子、残念ながらNISAとつみたてNISAは1人で両方はできないんや。NISAかつみたてNISAのどちらをするか選ばなアカン。

同僚A
同僚A

そうなのね。非課税でお得な制度なのに両方はすることができないのね。電池くんは私はどっちが向いていると思う?

電池くん
電池くん

そうやな~。どちらを選ぶかはそれぞれの考え方があるやろうけど、電池くんなりの考え方を解説するで。電池くんの投資についての考え方は万人に当てはまるものではないから、その辺は注意してや。

同僚A
同僚A

よろしくね、電池くん。

NISAとつみたてNISAの違い

 NISAとつみたてNISAの違いを改めて確認してみよう。

出典 SBI証券ホームページ

 つみたてNISAはが1年の非課税枠の上限が40万円で最長20年、合計で800万円が非課税枠として使うことができる。

 NISAは運用期間が最長5年で非課税枠の上限が120万円、合計で600万円まで非課税枠として使うことができる。

選ぶならどっち

 NISAとつみたてNISAどっちを選ぶのは非常に悩ましいところである。ここで電池くんが考える選び方の基準を述べさせてもらう。

 それは、月々の余裕資金の金額で判断して欲しい。月々の余裕資金が3.3万円に満たない人はつみたてNISAをすればいいし、月々の余裕資金が3.3万円以上ある人はNISAをすればいいのではないだろうか。

月々3.3万円以上余裕資金がない、もしくは分からない ⇒ つみたてNISA

月々3.3万円以上絶対に余裕資金がある ⇒ NISA

同僚A
同僚A

余裕資金がいくらあっても、長期投資ならつみたてNISAでしょ?

電池くん
電池くん

それが、そう単純でもないんや。

NISAは長期投資に向いていないのだろうか?

 よく言われるのが「NISAは非課税枠が5年だから、長期投資には向いていない」と考える人がいるが、本当にそうなのだろうか。

 電池くんはそうは考えていない。なぜなら、NISAにはつみたてNISAと違ってロールオーバーという制度があるからだ。

出典 SBI証券ホームページ

 例えば、NISA口座で1年120万円の非課税枠を5年間運用して金額に変動が無く600万円になっていたとする。この表でいうと、2016年~2020年まで運用したということである。運用して5年が経過しているから終了するかと思いきや、翌年にロールオーバーをすることができるのである。しかも、年間の非課税枠120万円ではなく、5年間運用した600万円全てをロールオーバーすることができるのである。そこからまた5年間非課税枠で運用することができる(120万円を超える額をロールオーバーした年は非課税枠を使い切ってしまう)のだから、非課税期間は実質10年間である。

 例えば、最初の積み立て期間で高配当の日本株を購入しておくと、配当金を課税されることなく、10年間受け取れることができるのだ。

電池くん
電池くん

NISAは2024年から制度が変更されることがほぼ決定しとる。いわゆるNISAの2階建てや。今からNISAをはじめた人はロールオーバーの恩恵が受けられんかもしれんかったけど、受けれるようになるはずや。

しっかりとしたことは金融庁のホームページでチェックしてな。

金融庁NISA特設ページ 

同僚A
同僚A

つみたてNISAは本当に長期投資に向いているの?

つみたてNISAは長期投資に向いているのだろうか?

 つみたてNISAは間違いなく長期投資に向いている制度である。一方で短期投資には全く向いていない。20年かけて安全な金融商品を運用していくスタイルである。選ぶことができる金融商品はどれも長期投資向きで安定してる金融商品ばかりである。しいていえば、アクティブ型といわれるリスクの高い金融商品もあるが、年間40万円の非課税枠ということを考えると、大ケガをしない制度である。

まとめ

 NISAかつみたてNISAのどっちをするかで迷っている人は、年間非課税枠を月ごとに計算した月々使える非課税枠を考えて選んでみるのがよい。月々3.3万円以上余裕資金があるならNISA、ないならつみたてNISAという考え方を電池くんは推奨する。

 また、NISAは2024年で制度が変更されることも考慮にいれて考えて欲しい。

電池くん
電池くん

結局は自分の考え方で運用方法が変わるちゅうことや。

NISAは選択肢の幅が広い分、どう運用するかはその人次第や。使いようによってはハイリスクに使うこともできるし、つみたてNISAと同じように使うこともできる。

一方でつみたてNISAは選択肢が少ない分、余計なことを考える必要がない。淡々と毎月決まった金額を積立てていくだけや。そう考えると、初期設定するだけで、あとはオートマチックに動いてくれる楽な制度といえるで。

大事なのは、どうするかを自分自身で考えることや。NISAもつみたてNISAもただの制度でどう運用するかを考えるのは自分自身や。特に、NISAは自分の考えによって、ガラッと運用方法が変わるで。

どっちを選んでも間違いはないし、変更もできる。でも、これを他人に言われるままでなく、自分自身で考えることが投資の第一歩やで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました