【株式投資初心者の不労所得】11月の不労所得について

お金 資産運用
電池く
電池く

11月の不労所得を公開するで。

電池くんの不労所得の定義は全く働かないで得られるお金のことや。

具体的には株の配当金や金融資産の利子なんかやな。

11月の不労所得

 11月の不労所得は9961円と株主優待関係で5000円、計14961円でした。

電池くん
電池くん

株主優待は不労所得と言えるかは微妙やけど、金券ということもあるし、不労所得としてカウントしたで。

今年の不労所得合計

 11月終了時点での不労所得合計は22万4160円(株主優待含む)といった様子。

 12月は不労所得が一番多い月なので、年間30万円を達成できるかどうかといったところ。

まとめ

 11月の不労所得合計は14961円。11カ月で22万4160円。

 

電池くん
電池くん

資産運用をはじめる前では考えられんかった金額や。不労所得だけで2カ月分も生活費を賄えとることになる。

これを継続していくことが大切や。

とはいえ、一番大事なのは仕事や。仕事をしっかりとすることがまずは一番やから、仕事を頑張って給料をもらいつつ、資産運用をしていくで。

その辺りの考えについてはこれを参考にして欲しい。

この記事を書いた人
電池くん

総資産は3,500万円以上、30代独身の会社員。
倹約をモットーに月々13~14万円で生活しています。
日々の生活に不満はないけれど、アーリーリタイヤ(FIRE)っていいんじゃないのと考えています。
ひとり暮らしのお金や生活に役立つ情報を発信しています。
よろしくお願いします。

電池くんをフォローする
資産運用
電池くんをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました