【資産形成】NISA枠は何に使うのがお得なのか 日本個別株編

日本株 資産運用
電池くん
電池くん

1月に補充される2021年のNISA枠。2020年は大半を投資信託購入、一部を日本個別株購入に充てたけど、2021年はどうしようかと考えとる。

日本個別株に120万円分充てた場合について検討していくで。

2021年のNISA枠について

 2021年のNISA枠の使い方

1 毎月10万円を投資信託購入に充てる

2 毎月10万円をETF購入に充てる

3 日本株を120万円分購入する

電池くん
電池くん

2021年はこの中のどれかでNISA枠を使おうと考えとる。

投資信託購入・ETF購入については過去に検討しているから参考にしてみてな。

2021年のNISA枠・投資信託・ETFについての考察

日本個別株について

 電池くんは2018年・2019年のNISA枠は日本個別株を中心に使ってきた。2018年は本格的な投資を始めて1年目で何も分からずに、株主優待目的などで特に考えもせずに適当な銘柄を購入していた。

 今では考えられないが、単元未満株の個別売買などをして「1万円儲けた!」といった感じで喜んでいた。

 しかし、銘柄選定はひどいもので、今でも塩漬けになっている銘柄がかなりある。

 2019年はちょっとは投資について学習するようになり、自分なりに企業分析を行いつつ、高配当の日本個別株を中心に購入していった。

 その結果、2019年に購入した銘柄は含み益も出ているし、配当もそこまで減配することなく、比較的安定した成績を残せている。

 2020年は1銘柄だけ日本個別株をNISA枠で購入した。その銘柄も含み益が出ている状況である。

 2021年のNISA枠を日本個別株に投資しても問題ないように考えている。電池くんが日本個別株にNISA枠を使うメリットは以下のとおりである。

NISA枠を日本個別株に使うメリット

・課税されずに配当金を受け取ることができる

・日本個別株に投資するには年間120万円は十分な金額

・面白い(投資しがいがある)

 電池くんにとってのメリットはこの3点だろう。

 もちろんデメリットもある。デメリットについては以下のとおり。

NISA枠を日本個別株に使うデメリット

・120万円きっちりと使い切ることが難しい

・一括投資する場合は120万円のキャッシュが必要になる

・大きく含み損が出る可能性がある

・投資時期が難しい

・投資信託やETFの定期買い付けよりも時間がかかる

 デメリットは以上の5点である。

 大きなデメリットは投資時期が難しいことだろう。場合によっては、来年の12月でNISA枠が120万円分まるまる残っていることも考えられる。

電池くん
電池くん

わしは、基本的に1度購入した日本個別株は売らずにホールドするから、売ることによってNISA枠を使うことは考えてないで。

あくまでも、購入に年間120万円分充てるという考え方や。

NISA枠を日本個別株に使うとどれだけお得なのか

 NISA枠を日本個別株に使うとどれだけお得なのかを検討してみる。

 検証の前提条件

検証の前提条件

・使う証券口座はSBI証券

・ザックリとした計算で金額を算出

手数料について

 

出典 SBI証券ホームページ

 SBI証券では、アクティブプランであれば約定代金が100万円までは無料である。

 電池くんのような投資規模だと、個別株で100万円以上を1日で購入することはまず考えられないので、手数料については、NISA枠を使おうが特定口座を使おうが差は発生しない。

 手数料についてはNISA枠でも関係が無い。

配当金について

 NISA枠で日本個別株を購入する際に最も恩恵を受けるのは「配当金」である。

 NISA枠を使わずに特定口座で日本個別株を購入すると配当金に20.315パーセントが課税されるのである。

 現実的な高配当投資として、利回り3.5パーセントで計算すると

 120万円 × 3.5パーセント = 4万2000円

 4万2000円が1年間120万円日本個別株(高配当株)に投資して得られる配当金である。

 NISA枠を使わない場合、これに20.315パーセント課税された分が受取額となるので

 4万2000円 × 20.315パーセント = 9723円

 9723円が課税されることになるので、実際の受取額は

 4万2000円 ー 9723円 = 3万2277円となる。

 NISA枠を使うことによって、9723円お得になるということである。

電池くん
電池くん

もちろん、利回りが上がれば配当金は上がるから、NISA枠でお得になる金額も大きくなるで。

利回りが5パーセントなら、NISA枠なら6万円の配当、特定口座なら4万6110円の配当となって、1万3890円お得に使えているということになるで。

NISA枠のギャンブル的な使い方

 もっともNISA枠の恩恵を受けようと思うのなら、NISA枠をギャンブル的な使い方をするのが一番いい方法である。

NISA枠のギャンブル的な使い方

 NISA枠のギャンブル的な使い方はグロース株を購入して値上がりしたところで売るというやり方である。

 NISA枠で10万円分のグロース株を購入

 ↓

 グロース株が310万円に高騰

 ↓

 売却

 ↓

 NISA枠の売却益は課税されないので、300万円の売却益を得ることができる。

 特定口座の場合は300万円に20.315パーセント課税されるので69万4500円お得ということになる。

 この方法だと、NISA枠を活用して大きなリターンを得ることができる。    

電池くん
電池くん

この方法やとNISAの期間内に売らないといけないなどの制限はあるけど、リターンは一番大きいのではないかと考えとる。

しかし、テンガバーといわれるような株を購入することは非常に難しいし、再現性はかなり低い。

NISA枠の120万円が0円になってもいいというぐらいの余裕をもった資産運用している投資家ならこうゆう使い方もできるやろう。

わしぐらいの投資規模やとこういった使い方はリスクの方が大きいと考えざるを得ないわな。

これが、NISA枠はお金持ちのギャンブル枠になっていると言われている所以やな。

まとめ

 NISA枠120万円で日本個別株を購入することについて検討、シミュレーションしてみた。

 購入手数料についてはSBI証券で1日100万円までなら無料なので、特定口座と差は付かない。

 現実的な高配当投資の利回り3.5パーセントで考えた場合、9723円お得に配当金を得られるという結果が出た。

 利回りが大きくなればなるほど、お得になる金額が大きくなるが、利回りが5パーセントでも1万3890円という結果。(利回り5パーセントはかなり高い数字と考えている)

 NISA枠をギャンブル的に使えば、100万円以上得することも可能ではあるが、リターンと同じだけ損をする可能性もある。

 現実的なところとして、NISA枠で日本個別株を購入する場合、年間1万円前後お得になるという結果になった。

電池くん
電池くん

こうやって考えてみると、NISA枠で日本個別株を購入するのはデメリットも多いように感じてしまったな。

でも、それを上回るメリットとしては、「面白い」ということや。

日本個別株を購入するのは、投資の中で一番面白いと電池くんは考えとる。

この面白さに120万円投資するか・・・考えどころやな。

 

 

この記事を書いた人
電池くん

総資産は3,400万円以上、30代独身の会社員。
倹約をモットーに月々13~14万円で生活しています。
日々の生活に不満はないけれど、アーリーリタイヤ(FIRE)っていいんじゃないのと考えています。
ひとり暮らしのお金や生活に役立つ情報を発信しています。
よろしくお願いします。

電池くんをフォローする
資産運用
電池くんをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました