【資産運用】2021年の投資信託積立て額について

貯金 資産運用
電池くん
電池くん

2021年は投資信託を中心に投資をしていくことに決めたで。その投資信託を積み立てて行くのに有効なのが「定額自動積立て」や。

今回は「定額自動積立て」で毎月いくら投資するかについて解説するで。

2021年の投資についての目標

 電池くんは2021年の投資目標として「年間400万円」を投資に回すという目標を立てた。NISA枠は投資信託購入に全て使い、さらに定額積立てを行っていく予定である。

投資信託の積み立て内訳

 2021年はNISA枠で120万円を積み立てることは決定。さらに、現在行っている楽天証券の5万円の投資信託積立て(カード払い)も継続することは決定。

 これで、月々15万円の積み立てとなる。

 そこからさらに現在、SBI証券と楽天証券で積み立てている投資信託の積み立て金額を増やすことで月々の投資金額を増やしていくことにする。

 いくら増やすかが考えところである。

2021年の投資信託の積み立て

・NISA枠で月10万円 → 決定

・楽天証券カード払いで月5万円 → 決定

・現在の投資信託積立て金額を増やす → どのくらい増やすか考える

無理のない範囲で積立てを行うには

 電池くんの投資スタイルはあくまでも「普段の生活を最優先する」ことが前提である。無理のない生活を維持しつつ、残りの金額を投資に回す・・・そう考えた時に参考になるのが家計簿である。

 電池くんの半年の支出合計は約82万円。年間で計算すると164万円である。余裕をもって180万円~200万円あれば今の生活を維持することは十分可能だろう。

毎月の定期買い付け金額

 そう考えると、月々投資信託の定額積立てに回せる金額は、26万円という計算になった。

 今のところ、会社を辞めるつもりはないし、給料が大きく下がる心配はない。コロナ禍においても会社の経営状態は極めて良好だし、給料は緩やかではあるが右肩上がり、ボーナスも減額することはないだろう。

 もし、給料が減れば月々の投資信託積立ての金額を減らすことで今の生活は十分維持することができるし、預貯金・債券は2000万円以上ある。

 そう考えると、毎月の給料から生活費を除いた目一杯の額を投資に回しても問題ないだろう。月々の26万円投資すると年間では312万円の積み立てとなる。

まとめ

 毎月の定期買い付け金額は26万円に決定した。年間では312万円となる。

 投資の軸が決定したので、残りの日本株・ETFの購入金額はおのずと余りの金額となる。

 年間400万円を投資に使う目標を考えると、残りは88万円である。iDeCoで約14万を使うので、残りは74万円。これを日本株・ETFに使う投資方針で2021年は運用してみることが目標である。

2021年の投資内訳目標

・投資信託 312万円

・iDeCo 14万円

・日本株・ETF 78万円

電池くん
電池くん

日本株・ETFが78万円というのは寂しい感じもするけど、2021年は投資信託で行くと決めたからには、定額買い付けで投資の軸がブレへんようにしっかりと投資していくことにするで。

相場によっては、日本株・ETFがどうしても追加購入したくなる場面もあるやろうと思う。そういった時には定額買い付けの金額を減らすんやなくて、預貯金・債券を取り崩して購入することを考えてもいいかもしれん。

とはいえ、預貯金・債券が2000万円以上というのは、わしの投資スタイルの前提条件やから、それを切らないようにはしなあかん。

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
この記事を書いた人
電池くん

総資産は3,500万円以上、30代独身の会社員。
倹約をモットーに月々13~14万円で生活しています。
日々の生活に不満はないけれど、アーリーリタイヤ(FIRE)っていいんじゃないのと考えています。
ひとり暮らしのお金や生活に役立つ情報を発信しています。
よろしくお願いします。

電池くんをフォローする
資産運用
電池くんをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました