2021年最初の日本株取引は売りから始まる【資産運用】

キングジム 資産運用
電池くん
電池くん

2021年の投資目標を達成するために中心となっているのは投資信託。日本株は金額に占める割合は少ないけど考える部分はかなり大きい。今回は2021年最初の日本株取引とわしの日本株保有のスタンスについて解説するで。

2021年最初の日本株取引

 2021年最初の日本株取引は売りから入った。売った銘柄はキングジム(7962)である。

キングジム 2019年2月に835円で100株購入 → 2021年1月に858円で100株売却

      2,300円の利益確定(NISA枠で購入)

 2,300円の利益確定。とはいっても売却したのは利益確定させたかったからではない。購入した際の前提条件が破綻したから売却したのである。

2021年の投資目標

2021年の投資内訳目標

・投資信託 312万円

・iDeCo 14万円

・日本株・ETF 78万円

 2021年の投資金額の目標は400万円としている。その内約80パーセントが投資信託の自動積み立てで行う予定である。iDeCoについても同様に定期積み立てである。積み立て金融商品を選んでしまえばあとは淡々と資金ショートしないように証券口座に入金していくだけである。毎日証券口座を確認する必要はないし、考えや感情を介入させる必要がない楽な投資方法である。

 一方で約20パーセントを占めている日本株・ETFについては考えながら投資をしていく必要がある。投資目標に占める割合は多くはないが、購入するときは企業分析や株式市場の状況やタイミングを見て運用を進めていく必要がある。

 日本株・ETFはやりがいのある面白い投資だと電池くんは考えている。

 日本株の資産運用にあっては自分なりのルールを設けている。

日本株購入のスタンス

 電池くんは日本株購入にはいくつかのルールを設けている。そのルールにあっては以下の通り。

日本株購入のルール

・応援したい企業であること

・配当利回りが3パーセント以上あること

・配当3パーセント以下なら付加価値があること(株主優待等)

 主にこの3つを考えて日本株を購入し保有している。

 この3つ、特に「配当利回りが3パーセント以上」の企業は長期保有前提である。なので、電池くんの日本株への投資方法は短期売買やスイングトレードといった売り買いを積極的に行うことがない投資スタイルである。

電池くんの日本株投資スタイル

・長期投資前提

・キャピタルゲインは求めておらず、インカムゲイン中心

・短期的な値下がりでもホールド

・投資するルールが崩れたのであれば売却する

 今回売却したキングジムは購入した理由の前提条件から外れたため売却した。

キングジムを売却した理由

 キングジムを売却した理由は「株主優待がもらえなくなった」からである。

 キングジムの株を購入した理由が利回り2パーセントであること、身近な企業であること、そして株主優待が魅力的であったからである。

 キングジムの株主優待は100株保有で2500円相当の文房具をもらえていた。

 この株主優待が魅力的であったため、利回りの低さはあるものの保有していた。

 しかし、2020年の12月に株主優待の変更があった。

株主優待変更点

出典 キングジムホームページ

 今までは100株保有で2,500円相当の商品がもらえていたのが500株以上保有していないともらえなくなってしまった。

 この発表は2020年12月17日に発表されている。

株主優待変更後のキングジムの株価

出典 Yahooファイナンス

 株主優待変更の12月17日からどんどん株価が下がっており、一時は15パーセント近く値を下げている。その後は上昇しており、1月中旬で870円付近である。

 株主優待変更があったものの、業績は好調といっていい状態だからである。

まとめ

 電池くんの2021年最初の日本株取引は売りから入る展開となった。売却した株式はキングジムである。

 売却した理由は「購入した時の前提が崩れた」からである。

 キングジムを購入した理由は「株主優待が魅力的」であったことが大きい。しかし、2020年12月に株主優待の条件が変更されて100株保有では株主優待をもらえなくなってしまったからである。

 とはいえ、500株保有していれば株主優待はもらえるし、商品金額もアップしている。業績は好調といって問題ないレベルで推移している。伝統ある企業だし倒産することは考えにくく、長期的には2パーセントの利回りは確保できる企業である。

 日本株購入はしっかりと自分でルールを決めて購入することが大事だと考えている。そして、購入した時のルールが崩れれば手放すことも視野に入れる必要がある。

 ルールは人によって異なるだろうが、「自分で決めたことを徹底する」ことが投資をする上で重要ことだろう。

電池くん
電池くん

 自分で決めたルールを守るというのは簡単そうに思えて難しい。わしは今回のキングジムも株主優待の変更を知ってからすぐに売ることができなかった。利回りは2パーセントあるし、保有していても大けがすることはないかな~と考えてしまって売るのが遅れてしまったんや。

 自分で考えることは大事やけど、自分で最初に決めたことをオートマチックにすることも大切や。

 今回のキングジムではそれを学習させてもらっていい経験になったで。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ


読んでいただきありがとうございました。記事が良かったらクリックをお願いいたします。励みになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました