【厳しい現実】トリニティスタディの平均値【資産運用】

トリニティスタディ 資産運用
電池くん
電池くん

今回はトリニティスタディの平均値について考えてみるで。

この記事を読めばわかること

・トリニティスタディ・4パーセントルールの現実が分かります

・トリニティスタディの中央値と平均値の乖離が分かります。

・30代で資産3000万円以上ある電池くんの4パーセントルールについての考えが分かります。

トリニティスタディ・4パーセントルールとは

 トリニティスタディとは、アメリカのトリニティ大学の研究者が資産の取り崩しについて、取り崩す金額と期間について研究したもの。

 その中で言われているのが、資産を1年間定額4パーセントで取り崩すと非常に高い確率で30年後も資産が残っているという4パーセントルールである。

 詳しくは前回の記事を参考にして欲しい。

トリニティスタディの値は中央値

出典 セミリタイヤドットコム

 ポイントとしては、この表の数字は中央値なのである。

中央値と平均値は違いますよね。中央値ではいい結果が出ていますけど、平均値はどうなんですか?

 中央値では株式50パーセント・債券50パーセントで保有していれば4パーセントルールで取り崩しても30年後には資産が2.97倍になっているが、平均はどうなのだろうか。

 ということで、平均値について考えてみて検討してみる。

株式50パーセント・債券50パーセントの場合

 株式50パーセン・債券50パーセントで資産を1億円保有して4パーセントずつ取り崩した場合を考えてみる。

考察する条件

・株式の利回りは毎年固定で年7.5パーセントとする。(上記の表から推定値として仮定)

・債券の利回りは毎年固定で年2パーセントとする(上記の表から推定値として仮定)

・取り崩し額は年間400万円。

・インフレ、手数料は考慮しない

結果

 

 電池くんが簡単なエクセルシートを作成して計算したところ、株式50パーセント・債券50パーセントだと、平均利回りは4.75パーセント。

 緩やかに資産増加をしていくが、資産が2.97倍になるには程遠い1.3倍という結果になった。

 さらに、ここに税金を考慮しなくてはならない。税引後、年間4.75パーセントの利回りを得ようと考えるなら、税引前で6パーセント近い利回りが必要である。

電池くん
電池くん

感覚的に言っても4パーセントずつ取り崩しても資産が2.97倍になるとは考えにくい。

資産増加には利回りよりもインフレが影響を与えている部分が大きいのではないかと感じるで。

日本はインフレではあるけど、めっちゃ緩やかやから、爆発的な資産増加は起こりにくいとわしは考えるで。

でも、緩やかに増えるということは、FIREはできるやろうな。

中央値の利回りはどのくらい

 では、中央値(4パーセントずつ取り崩して30年後に資産が2.97倍)にするには、株式の利回りはどの程度必要なのだろうか。

株式の利回りを考察する条件

・債券の利回りは毎年固定で年2パーセントとする(債券は長期的に利回りが安定していると仮定)

・取り崩し額は年間400万円。

・インフレ、手数料は考慮しない

 

 トリニティスタディの中央値にするには、30年間の株式の平均利回りは11.1パーセント必要という結果になった。

 これはかなり無理のある利回りではないだろうか。短期間(1年~5年)ならば可能かもしれないが、30年という長期間で株式の利回りを年間11.1パーセントにすることができるのだろうか。

 これは、インフレの力がないとかなり難しい数字である。

 株式の利回り年間11.1パーセントにしなくても、平均利回りを年間6.55パーセントにすればトリニティスタディの中央値にすることはできるが、この計算は税金を考慮していない。

 課税されることを考えると、年間6.55パーセントを手取りで得ようと考えると、年間8パーセント以上の利回りが必要である。

 これは、非常に厳しい数字ではないだろうか。

電池くん
電池くん

これは非常に厳しい結果となったで。トリニティスタディの中央値にするには税引前で8パーセントの利回りを確保せなあかん。

債権の割合が50パーセントで8パーセントの利回りは今の環境では無理があると感じるで。

まとめ

 トリニティスタディ・4パーセントルールについて中央値と平均値について比較をしてみた。

 株式50パーセント・債券50パーセントで保有して毎年4パーセントずつ取り崩した場合、トリニティスタディの中央値では資産が2.97倍になっている。

 同様の条件で運用した場合の平均では資産が1.3倍になるという結果になった。

 株式50パーセント・債券50パーセント・年間4パーセントずつ取り崩すトリニティスタディどおりの中央値にするには、税引後の利回りで6.55パーセントが必要という結果になった。

 債券を年間利回り2パーセントとすると、株式の年間利回りは11.1パーセント必要という結果である。

 税引後にこの利回りが必要ということを、30年後に資産が2.97倍になるという中央値は現実的ではないように思う。

 

電池くん
電池くん

わしの検討結果が必ずしも正しいものであるとは限らない。でも、トリニティスタディについては、中央値と平均値にはかなり乖離があることは間違いがないやろう。

大事なのは「自分にとって都合のいい数字ことだけを信じない」ことや。

自分にとって都合のいいものやと思っても、それを鵜吞みにせず、自分自身で考えて自分の状況に当てはめて考えてみる。

それが生きていく上で大事なことや。それをしっかりと出来た人がFIREして30年後も楽しく生活することができるんやろう。

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ


読んでいただきありがとうございました。記事が良かったらクリックをお願いいたします。励みになります。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました