倹約の花を咲かせよう・インデックス投資と相性抜群【資産運用】

ひまわり 資産運用
A子
A子

電池くん。私もNISAやiDeCoでインデックス投資をはじめてみるわ。

電池くん
電池くん

余裕資金でやる分にはいいと思うで。

A子
A子

そうよね~。余裕資金で資産運用してガンガン資産を増やすわよ~。

電池くん
電池くん

でも、A子、前に言っていた家計の見直しはしたんかいな?

A子
A子

えっ、してないわよ。インデックス投資でガンガン稼ぐんだし問題ないでしょ。

電池くん
電池くん

資産を増やしたいなら、投資もいいけど、家計を見直して倹約する方がよっぽど効率がいいで。

今回は「インデックス投資と倹約について」解説するで。

この記事を読めばわかること

・資産を増やすためには、いかに倹約が重要か分かります。

・インデックス投資と倹約の相性についてわかります。

・30代で資産3,200万円の電池くんの倹約についての考え方がわかります。

倹約は資産増加に効果抜群

 名著「隣の億万長者」にこんなフレーズがある。

お金持ちの特徴を3つの言葉で表すとしたら、「倹約・倹約・倹約」である。

 資産1億円以上を保有している人が最も大切にしているのは、株式の利回りでもなく、配当金の多さでもなく、投資のセンスでもない。

 お金持ちが大切にしていることは「倹約」である。

 これは、お金持ちになるにはお金を使わないようにしよう、ということではない。

 不必要なものにはお金を使わないようにしよう、という考えである。

 一般的な労働者がお金持ち(資産1億円以上保有)になるには倹約スキルは必須である。

 「倹約スキル」を磨くことが、株式の利回りを高めることや多くの配当金を得るよりも簡単で誰でも習得することができるからである。

 株式の利回りや配当金とは、成長の遅い植物

 株式の利回りや配当金は、絶えず気にかけて水をやり、日当たりを考えて土を変える・・・そうして長い年月をかけてやっと芽吹いて花を咲かせてくれるものなのである。

 株式で短期間で花を咲かせようと思ったら、さらに気を使って、1秒も目を離さずに適切なタイミングで水をやり、高い栄養剤をやらなければならない。

 言ってしまえば、株式の利回りや多くの配当金を得ることを実感するには非常に時間がかかる効率の悪い方法なのである。

電池くん
電池くん

お金の花を咲かせることは非常に根気のいる作業や。

人によっては、お金の花を咲かせることなく一生を終えることもある。

倹約は即効性がある

 しかし、「倹約」は実践すればすぐに効果が出るものである。

 月々、惰性で支払っているものを見直して月に3万円の家計改善を行う。

 この3万円の見直しによって、生活は多少窮屈さを感じるかしれない。

 しかし、見直した3万円は非常に大きいものである。

 その3万円はすぐに貯金や資産運用といったことに回すことができるからである。

 月々、株式の利回りや配当金で安定的に3万円得ようと思ったら多くの元手が必要である。

 また、副業で安定して月3万円を得るには「特別な副業スキル」が必須である。

 こうした「多くの元手」や「特別な副業スキル」を育てるには、自分自身のレベルアップが必要不可欠で、時間がかかる。

 しかし、月の無駄な支出を見直す「倹約スキル」は「多くの元手」や「特別な副業スキル」を身に着ける必要なく、支出を抑えてくれるのだ。

 一般家庭において、月に3万円稼ぐよりも月に3万円支出を少なくする方が遥かに難易度が低いのではないだろうか

電池くん
電池くん

ブログをやってみて思うのは「月に1万円副業で稼いでいる人」は間違いなく才能豊かな人やということや。

ブログを通じて月に1万円収入を増やすのはどれだけ大変か身に染みてわかったで。

倹約スキルにはどれくらいの価値があるのか

 倹約スキルにはどれくらいの価値があるのだろうか。

 月に3万円の倹約スキルだと、年間で36万円。

 年間36万円を株式の配当で得ようと思ったら、高配当株に1,000万円は投資する必要があるだろう。

 平均的なサラリーマンには高配当株に1,000万円投資することは短期間では難しい。

 じっくりと時間をかけてコツコツと積み立てていく必要があるのではないだろうか。

 さらに、高配当株の利回りは安定しているかと言えば、そうではない。

 減配すれば、年間のリターンは少なくなる。

 高配当株に限ったことではないが、株式の利回りは安定性に欠けるのである。

 しかし、倹約は非常に安定している。

 月に3万円の削減に成功すれば、翌月からも安定して3万円を削減し続けることができる。

 「倹約スキル月3万円」は1,000万円以上の価値があるし、安定して効果を発揮してくれるのである。

電池くん
電池くん

こう考えると、倹約スキルは最低でも1,000万円。人によっては何千万もの価値があるスキルと言えるで。

さらに安定性も抜群や。

倹約はインデックス投資と相性抜群

 インデックス投資は優良な金融商品に長期投資することが大前提である。

 長期間で見れば確実に資産を増やしてくれるが、弱点も数多くある。

インデックス投資の弱点

・資産増加が非常に緩やか

・元手が少ないと増加分も少ない

・時間がかかる

・今の生活が豊かになるわけではない

 この弱点を補ってくれるのが「倹約スキル」なのである。

インデックス投資の弱点を補う倹約

 インデックス投資の弱点として、「資産増加が非常に緩やか」、「元手が少ないと増加分も少ない」、「時間がかかる」ことが挙げられる。

 この3点においては、「倹約」により解消することができる。

月5万円投資の場合

条件

・年利5パーセント

・投資金額は月5万円

・配当は全て再投資

出典 【目指せFIRE】平凡サラリーマンでも人生を豊かに!

 

 30年後の投資金額は1,800万円に対して、資産合計は4,186万円になっている。

月8万円の場合

条件

・年利5パーセント

・投資金額は月8万円

・配当は全て再投資

 30年後の投資金額は2,880万円に対して、資産合計は6,697万円になっている。

 月3万円多く投資をすることで、30年後の資産が1.5倍以上になっているのである。

【目指せFIRE】平凡サラリーマンでも人生を豊かに!

【無料公開】FIRE計算表を作成!あなたは何歳でセミリタイア出来る?必要な資産・期間を計算できます。【2021年1月11日更新】
FIREって最近よく聞くけど、実際どれくらいの資産があれば達成できるんだろう?自分の現在資産や想定利回り、年齢、年間支出から簡単に計算する方法は無いのかなー複利の計算って難しくて全然分からないよね自分なりの数字を入れて、私だけのFIREまで

 使用しているFIRE計算表はこのページから無料でダウンロードすることができる。

 FIREを目指すモノさん曰く「改善点や要望があればコメントをいただきたい」とのことである。

 いくつかのソフトを試してみたが、このFIRE計算表が一番現実的な数字を簡単に出してくれるし使い方も簡単である。

 倹約で月3万円投資にかけるお金を増やすことで「資産増加が非常に緩やか」、「元手が少ないと増加分も少ない」、「時間がかかる」という弱点を補うことができるのである。

電池くん
電池くん

もちろん、投資にかける金額を増やすのは倹約でなくても可能ではある。

わしはこのお金は倹約で作るのが最も効率がいいと考えとるで。

まとめ

 倹約はインデックス投資との相性が抜群である。

 株式の利回りや配当金で月に3万円得ようと考えたら多くの時間と元手が必要である。

 しかし、倹約は実行すればすぐに効果が出る。

 株式の利回りや配当金で年間36万円得ようとすれば、元手が1,000万円は必要である。

 このことから、月3万円の倹約には少なくとも1,000万円以上の価値があると電池くんは考えている。

 倹約はインデックス投資の弱点である、「資産増加が非常に緩やか」、「元手が少ないと増加分も少ない」、「時間がかかる」という弱点を補ってくれる。

 月5万円から8万円に投資金額を増やすことで、30年後には1.5倍以上の資産を手にすることができるのである。(年利5パーセントと仮定)

 結論:倹約とインデックス投資はセットで使うことで効果を発揮する。

電池くん
電池くん

倹約の第一歩は不要な支出の見直しや。

電池くんの主観になってしまうけど、独身男性のひとり暮らしなら月20万円あれば十分に生活できると思う。

もし、月に20万円以上支出があるなら、家計の見直しをしてみて欲しい。

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ


読んでいただきありがとうございました。記事が良かったらクリックをお願いいたします。励みになります。
この記事を書いた人
電池くん

総資産は3,400万円以上、30代独身の会社員。
倹約をモットーに月々13~14万円で生活しています。
日々の生活に不満はないけれど、アーリーリタイヤ(FIRE)っていいんじゃないのと考えています。
ひとり暮らしのお金や生活に役立つ情報を発信しています。
よろしくお願いします。

電池くんをフォローする
資産運用
電池くんをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました