ビットコインで億り人!について思うこと【資産運用】

ビットコイン 資産運用
電池くん
電池くん

億り人とは、1億円以上の資産を保有している人のことや。

最近、株高や暗号通貨の波に乗って若くして億り人になった人が数多くいる。

今回は、億り人について思うことを書いていくで。

この記事を読めばわかること

・資産3,200万円以上ある電池くんの億り人に対する考え方がわかります。

・億り人になるために必要なことがわかります。

電池くんのスペック

・30代独身ひとり暮らし

・中小企業の会社員

・資産は3,200万円以上

・月の生活費は13万~14万円、日々の生活は倹約がモットー

・年間の貯蓄率は約70パーセント

億り人について思うこと

 電池くんが資産運用をはじめて2年以上が経過した。

 その2年で日々の生活に変化があったかと言えば、それほど大きな変化はない。

 しかし、インターネットの経済トピックスには目を通すようになったし、経済関連の本を読むようにもなった。

 その中で、「1年で億り人になりました。」と言った記事や書き込みを見ることが多い。

 もちろん、「すごいな」とは思うが、羨ましいとはあまり思わない。

 なぜなら、短期間に少ない元手から多くの資産を築くには「圧倒的な才能」か「タイミングに乗って自分を信じる胆力」が必要不可欠であるからだ。

 「圧倒的な才能」で短期間に少ない元手から多くの資産を築く例としては、経営者が挙げられるだろう。

 それでも、下準備をするとなると安定して収入を得るのは2~3年はかかるのではないだろうか。

 「タイミングに乗って自分を信じる胆力」で短期間に少ない元手から多くの試案を築く例としては、今なら「ビットコインを代表とする暗号通過」、そしてレバレッジをかける代表的な手法「FX」が挙げられるだろう。

 「ビットコイン」を例に挙げると、

あんなものは投資ではなくてギャンブルよ!一時的に儲かっても絶対に損するわ!

という人が少なからずいる。(インデックス投資最強論を提唱している人が多い印象)

 しかし、ビットコインで少ない元手から億り人になった人は、間違いなく凡人ではない。

 ビットコインという凄まじい上昇気流に自分自身を預けるだけの胆力があったから、億り人まで上がっていけたのだ。

 そういった人を「運がよかっただけ」と一蹴することはできないだろう。

 電池くん自身、億り人になりたいかと言えば間違いなくなりたい。

 しかし、私(ここでは電池くんではなくあえて「私」と書かせていただく)には「圧倒的な才能」か「タイミングに乗って自分を信じる胆力」もない。

 投資経験が2年と少しだが、それについては自分で結論を出してもいいころだろうと思う。

 それならば、どうやって億り人になるのかと言えば、「コツコツと資産を増やしていく」ことが最も最善の方法である。

 しっかりと働いて給料をもらう、そのために仕事を好きになって長く続ける。

 投資はコツコツと伝統的な手法でローリスクローリターンを心がけて毎年着実に資産形成をしていく。

 日々の生活は倹約を心がけつつ、ストレスのかかない暮らしをする。

 そうすることで、少しずつ億り人に近づいていく。

 私にはそれが一番合っているのだろう。

 そのために今日も仕事をして経済ニュースに目を通す。

 今の自分は過去の自分の積み重ね、未来の自分は今の自分積み重ねである。

 ちょっとずつ億り人になっていけばいいのだろう。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ


読んでいただきありがとうございました。記事が良かったらクリックをお願いいたします。励みになります。
この記事を書いた人
電池くん

総資産は3,400万円以上、30代独身の会社員。
倹約をモットーに月々13~14万円で生活しています。
日々の生活に不満はないけれど、アーリーリタイヤ(FIRE)っていいんじゃないのと考えています。
ひとり暮らしのお金や生活に役立つ情報を発信しています。
よろしくお願いします。

電池くんをフォローする
資産運用
電池くんをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました