【投資初心者の方へ】はじめにするオススメの投資iDeCo

資産運用
同僚A
同僚A

電池くん。証券口座の開設したわよ。さっそく株を買っていきたいんだけど、オススメの株ってある?

電池くん
電池くん

口座開設できたんやな。それじゃあ、株を購入するんもいいんやけど、まず、これをやっといたらいいでっていう投資をオススメするで。

それは「iDeCo」イデコや。

同僚A
同僚A

イデコ・・・聞いたことはあるけど、どうゆうものかわからないわ。

電池くん
電池くん

それじゃあ、簡単に説明していくで。

iDeCoとは

 iDeCoとは個人型確定拠出年金といって、自分で作る年金制度です。加入者が毎月一定額を積み立てて、自分で決めた金融商品を運用します。金融商品は投資信託、定期預金、保険などがあります。積み立ては60歳以降に年金や一時金といった形で受け取れます。iDeCoは月額5000円からはじめることができます。そこから、1000円単位で上げていくことができ、上限は職業や企業年金のあるなしで変わってきます。原則として、サラリーマンなら2万円まで加入することができます。

 原則として、65歳になるまで引き出すことはできません。(国民年金被保険者対象)

電池くん
電池くん

iDeCoは今年法改正が決まって、加入できる人の範囲が広がったんや。それまでは、企業年金がある会社に勤めている人はほとんど加入できんかったんやけど、法改正後は加入できる機会が増えたで。

それと、年齢も60歳から65歳まで引き上げられたで。

一人でも多くの人にこの制度を使って欲しいっちゅうことや。

iDeCoは何がお得なの

同僚A
同僚A

でも、電池くん。iDeCoって何がお得なの?投資信託を買って積み立てるだけなら、普通に積み立てる方のと変わらないんじゃないの?

電池くん
電池くん

そうやな。iDeCoの特徴について解説するで。

 iDeCoの最大の特徴は税制優遇があることです。主に3つあるのですが、現在関係のあるのはこの2つです。

・所得控除の対象で所得税、住民税が節約できること

・運用で得た利益が非課税になること

 これが、iDeCoの大きなメリットです。まず所得控除について解説します。

 所得税とは、所得金額が多ければ多いほど高くなります。年収300万円に人より年収1000万円の人の方が超特殊な例外を除いて税金を多く払っています。累進課税制度というものです。

 iDeCoを使えば、この所得税からiDeCoの掛け金を引いてくれます。所得金額400万円の人が月2万円iDeCoをしたとすると

iDeCo無し 400万円(所得金額)×30%(所得税率・住民税率の合計)=120万円(税金)

iDeCo有り (400万円(所得金額)-24万円(年間iDeCo掛金))×30%(所得税率・住民税率の合計)=376万円×30%=112.8万円(税金)

iDeCoの有り無しで7.2万円の差が出る。

※控除額などを除いたかなり乱暴な計算なので、実際はこのとおりではありません。おおまかなイメージです。

 これは、運用利益などは全く関係なく、iDeCoをするだけで差が出る金額です。この所得400万円の人が月2万円のiDeCoを40年間継続したとすると、7.2万円×40年=288万円の節税となるわけです。

 ※実際には、税金の計算は複雑なのできっちりこのとおりにはなりませんが・・・

 次に、運用で得た利益が非課税になることが非課税になることです。

 一般的に株式や投資信託で得た利益には約20%(正確には20.315%)の税金がかかります。例えば、株を売買して10万円の利益が出ても、税金が20%かかるので、実際には8万円しか受け取ることができません。しかし、iDeCoで得た運用益はこの20%が掛からない仕組みになっています。なので、運用で得た利益をほぼそのまま受け取ることができるというわけです。

電池くん
電池くん

iDeCoは税金の面で普通に投資信託を買うよりもお得やっちゅうことや。

あと、計算に関しては、かなりざっくりとしたものやから、実際にはこのとおりにならんで。わしは税金の専門家ではないから、大まかに書いとるだけや。

ようは、税金面でお得やということを伝えたいだけや。

まとめ

iDeCoは投資の一種。月5000円から加入することができて、会社員なら大体は月2万円まで。原則として65歳までは降ろすことができない。

普通に投資するのと比べて税金面で優遇措置が取られている。ひとつは住民税・所得税が節約できるということ。人によるが年間にして数万円。40年間続けると100万円を超える大きな金額になる。もうひとつは、運用益に税金がかからないということ。投資で儲けた分はそのままもらえるということ。

電池くん
電池くん

ほんまにざっくりやけど、iDeCoはこうゆうもんやということが分かってもらえたらこれでOKや。やってみようかなという人は、資料請求してみて検討して欲しい。

iDeCoをやっている人で「やってないなんて情報弱者や」なんてことを言う人もおるけど、そんなことはないで。特徴を理解してあえてiDeCoをやらんという選択肢を取っている人もおる。大事なのは自分で考えて投資をすることや。

投資は自己責任でするもんやで。誰も自分の投資に責任は取ってくれん。だから、自分でやった投資で資産が増えるのは嬉しいんやで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました