初心者が2年でリスク資産が1,000万円を突破!【資産運用】

資産1000万円 資産運用
電池くん
電池くん

今月でリスク資産が1,000万円を突破したで。

その内訳を見て行くで

この記事を読めばわかること

・資産3,300万円以上ある電池くんのリスク資産への考え方がわかります

・電池くんの資産内訳がわかります

電池くんのスペック

・30代独身ひとり暮らし

・中小企業の会社員

・資産は3,300万円以上

・月の生活費は13万~14万円、日々の生活は倹約がモットー

・年間の貯蓄率は約70パーセント

リスク資産とは

 リスク資産とは人によってとらえ方は様々だろう。

 銀行預金以外をリスク資産と考える人もいろだろうし、ボラティリティの少ない投資信託をリスク資産と捉えない人もいるだろう。

 電池くんの考えるリスク資産とは、10年後の資産状況が予想できないものである。

 具体的に言うと「預金・現金・債券」以外のものである。

 債券については賛否両論があるだろうが、電池くんはリスク資産として考えてはいない。

 一方でiDeCoはリスク資産として捉えている。

 

資産状況内訳

 電池くんの総資産は現在3,300万円。

 3月に3,300万円を突破してさらに順調に増えている。

SBI証券

 

 SBI証券の資産が約818万円

 主に日本株と投資信託、少額のETFである。

 電池くんがメインに使っている証券会社で投資信託積立てを定期的に行っている。

 40万円ほどは入金しているだけの金額なので、780万円ほどがリスク資産である。

楽天証券

 楽天証券の資産が約187万円。

 サブの証券会社で投資信託の積立てのみに使っている。

SBI証券のiDeCo

 SBI証券で積立てをしているiDeCoが約42万円。

 月々12,000円ずつ拠出しているだけなので、淡々と積立てて行くだけの資産である。

 合計で1,047万円、SBI証券の入金しているだけの資金を除くと約1,000万円がリスク資産である。

電池くん
電池くん

2年で1,000万円を突破するのにしたことは淡々と積み立てをしながら、好きな日本株を買い続けただけや。

特別な金融知識や能力がなくてもそれだけで、突破することができたんやで。

まとめ

 3月半ばでリスク資産が1,000万円を突破した。

 SBI証券のリスク資産が780万円、日本株と投資信託、ETFで構成されている。

 楽天証券のリスク資産が187万円、投資信託のみで構成されている。

 SBI証券のiDeCoが42万円。

 合計で1,009万円となった。

電池くん
電池くん

投資をはじめて2年と半年でリスク資産が1,000万円を突破したで。

リスク資産の増え方としては予想していたよりはかなり早い。

でも、預金や債券を取り崩すことなく到達しているから、状況としては悪くない。

このままいくとあと3年もすればリスク資産が安全資産を上回ることになるやろうし、資産が5,000万円を超えることになる。

大きな資産に見合った金融知識をつけることが大事や。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ


読んでいただきありがとうございました。記事が良かったらクリックをお願いいたします。励みになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました