トリニティスタディ・4パーセントルールでFIREは難しい【資産運用】

トリニティスタディ 資産運用
電池くん
電池くん

今流行りのFIRE。指標のひとつとなっているのがトリニティスタディ。

今回はトリニティスタディでFIREするための資産を考えてみるで。

電池くんのスペック

・30代独身ひとり暮らし

・中小企業の会社員

・資産は3,400万円以上

・月の生活費は13万~14万円、日々の生活は倹約がモットー

・年間の貯蓄率は約70パーセント

この記事を読めばわかること

・トリニティスタディ・4パーセントルールについてわかります

・トリニティスタディを指標としてFIREするための必要資産がわかります

トリニティスタディ・4パーセントルールとは

 トリニティスタディとは、アメリカのトリニティ大学の研究者が資産の取り崩しについて、取り崩す金額と期間について研究したものである。

 その中で言われているのが、ある条件で資産を保有して、その資産を1年間定額4パーセントで取り崩すと非常に高い確率で30年後も資産が残っているという4パーセントルールである。

 4パーセントルールは俗語なので明確な基準は無く、「トリニティスタディ」という定義はあるのだが、漠然としていて捉え方は人によって違いがある。

 電池くんは「資産を優良な株式と優良な債券に分けて持っていれば、毎年4パーセントずつ取り崩しても30年後でも非常に高い確率で資産が残っている。それどころか増えている。」と解釈している。

4パーセントルールとは

・保有資産は債券50パーセント・株式50パーセント

・定額4パーセントで取り崩していく

・30年後でも高確率で資産が残っている。増えていることもある。

 税金や手数料を考えずに単純にいうと「債権と株式を2500万円ずつ持っていれば、年間200万円使っても30年後でもお金が残っている確率が非常に高い、それどころか増えている。」というルールである。

出典 セミリタイヤドットコム

 この表で見てみると、株式50パーセント・債券50パーセントで資産を保有して4パーセント定額で取り崩していくと30年後には資産が2.97倍になっているというものである。

電池くん
電池くん

取り崩しているのにほんまかいな?と思うやろうけど、トリニティスタディで検証されているで。

でも、実際には問題点もあると考えているで。

4パーセントルールの問題点

 4パーセントルールをFIREの指標にしている人もいるだろうが、実際に運用するには問題点もあると考えている。

 電池くんの考える4パーセントルールでFIREするには3つの問題点ある。

4パーセントルールの問題点

・株式50パーセント・債券50パーセントの資産保有は現実的ではない

・インフレーションを考慮する必要がある

・早い段階で暴落がきたら積んでしまう

電池くん
電池くん

ひとつずつ解説していくで。

株式50パーセント・債券50パーセントの資産保有は現実的ではない

 4パーセントルールの問題点1つ目は「株式50パーセント・債券50パーセントの資産保有は現実的ではない」ということである。

でも、トリニティスタディでは最適な資産保有率とされているんでしょう?

それに従うのがいいのなら、その比率にするわよ。

 確かに、気を付けていれば株式50パーセント・債券50パーセントの資産保有に近づけることはできるかもしれない。

 しかし、全資産を株式50パーセント・債券50パーセントにすることは現実的ではないだろう。

 一般的に考えて、「現金・預金」は絶対に必要である。

 現金・預金が全くない状態でFIREすることはできないだろう。

 人によってFIREする理由は様々だろう。

 早くFIREしたい人は資産状況と年齢などを考慮して踏み切る必要がある。

電池くん
電池くん

FIREするには資産は多い方がいい。

でも、資産を増やすためには時間をかけて働く必要がある。

働く時間を少なくすれば、FIREは早くできるけど資産は少なくなるし、リスクも高まる。

その働く時間と資産状況、リスクを考えて人それぞれFIREに踏み切る必要がある。

 FIREするには「現金・預金」は多いに越したことはないだろう。

 資産の内、現金・預金が300万円と1000万円ではFIRE後に急な出費が必要になった時、どちらがリスクが少ないかは言うまでもないだろう。

 4パーセントルールでは株式50パーセント・債券50パーセントとなっており、「現金・預金」が含まれていない。

 これは非常に危険である。

 非常に少なく見積もっても「現金・預金」は生活費の3年分は必要だろう。

生活防衛期は1年分ぐらいでいいんじゃないの?

 確かに社会人なら生活防衛費は1年分あれば十分だろう。

 しかし、FIREするということは社会人よりもリスクが上がると考えている。

 そうならば、生活防衛費は社会人よりも厚めに持つ必要がある。

 そう考えると3年分は必要だろう。

 年間160万円で生活する電池くんのような倹約家計なら500万円、配偶者や子どもがいて平均的な支出うの家庭ならば1,000万円は「現金・預金」を保有する必要があるだろう。

 そう考えると、株式50パーセント・債券50パーセントという資産構成比率はFIREに全く適していないだろう。

 現金・預金は構成比率を考えるよりも定額〇〇万円といった形で家族構成や自分の属性に合った額を保有する必要がある。

FIREするための資産配分

・株式50パーセント・債券50パーセントは現実的ではない

・株式・債券のほかに現金・預金を持つ必要がある。

・現金・預金は資産に対するパーセンテージではなく、家族構成や属性にあった定額を持つことが 必要である。

電池くん
電池くん

現金の保有額を決めたら、おのずと株式と債券の保有パーセンテージも決まるやろうし、FIREするのにいくら必要なんかも決まってくる。

わしの感覚やと最低でも500万円は現金を持っておきたいで。

そう考えると、5,000万円ほどで完全にFIREするのはリスクが高いと考えざるをえない。

サイドFIREやったら属性によっては可能やろうけど・・・

インフレーションを考慮する必要がある

 4パーセントルールの問題点2つ目は「インフレーションを考慮する必要がある」ということである。

え~、日本って30年前からほとんどインフレしてないんじゃないの?

 確かにそのとおりである。

出典 世界経済のネタ
出典 世界経済のネタ帳

 日本ほどインフレの進んでいない国も珍しいだろう。

 電池くんの感覚的にいっても、20年前と物価を比較してみても、緩やかに上昇はしているだろうが、ものすごい変化はないように感じる。

電池くん
電池くん

インフレの時に考えるのが自動販売機の缶ジュースやけど、20年前は1本110円やったのが、今は120~130円になってるで。

物価上昇はしているけど、非常に緩やかや。

 4パーセントルールを基準にFIREするに当たって避けては通れないのがインフレである。

でも、日本はほとんどインフレしてないんでしょ?

だったら考慮する必要はないんじゃないの?

 確かに、今のところ日本でインフレを考える必要はあまりない。

 しかし、トリニティスタディの研究結果にはかなりインフレが関わっているだろう。

出典 セミリタイヤドットコム

 「株式50パーセント・債券50パーセントを保有して定額4パーセントで取り崩していくと30年後には資産が約3倍になっている」のがトリニティスタディの研究結果。

 しかし、現実的な感覚から言って考えにくい数字である。

 ここには、インフレの影響が多大に含まれているだろう。

電池くん
電池くん

トリニティスタディを考えるにはインフレを考慮して表を見る必要があるということや。

出典 世界経済のネタ帳
出典 世界経済のネタ帳

 トリニティスタディの元になっているアメリカ経済は平均して年間2~3パーセントほどでインフレが進んでいる。

 仮にインフレ率3パーセントで考えてみると、30年後に資産は2.5倍になる。(103の30乗)

 そう考えると、インフレの効果は非常に影響している。

出典 世界経済のネタ帳

 

出典 世界経済のネタ帳

 日本、アメリカのインフレ状況を比較してもアメリカの方がインフレ率はかなり高い。

 年2~3パーセントでインフレが進んでいるアメリカの研究結果をインフレがほとんど進んでいない日本でそのまま置き換えて考えることはできないだろう。

 日本のインフレ率が30年平均で0.8パーセントだとすると、資産は30年で1.28倍にしかならない。(1.008の30乗)

 インフレが進んでいるアメリカの2.5倍とは大きな開きがある。

 そこを考慮する必要があるのである。

check!

・トリニティスタディの資産増減表はあくまでもアメリカベース

・アメリカは年2~3パーセントでインフレが進んでいる。

・年2~3パーセントでインフレが進むと30年で資産は2.5倍になる。

・日本は年0.8パーセントほどでインフレが進んでいる。

・年0.8パーセントでインフレが進むと30年で資産は1.28倍にしかならない。

 

電池くん
電池くん

この辺りを考慮しつつトリニティスタディを考えなあかん。

普通に考えると、資産を4パーセントずつ取り崩して30年後に資産が2.97倍になるのはありえへん。

このありえへん感覚はインフレが進んでいない日本人やから思うことなんやろうな。

早い段階で暴落が起きたら積んでしまう

 4パーセントルールの問題3点つ目は「早い段階で暴落が起きたら積んでしまう」ということである。

 4パーセントルールは定額4パーセントで取り崩していくことが前提条件である。

 だから、FIREに適していると考えられているのである。

 定率4パーセントだと、増減した資産状況によって日々の生活の質を年ごとによって変える必要があるが、定額4パーセントだと毎年同じ額だけ使えるので安定した生活を送ることができる。

定額4パーセント

・FIREした時の資産が1億円なら、毎年使うのは400万円。

・資産が2億円になっても5,000万円になっても400万円という金額は変わらない。

定率4パーセント

・FIREした時の資産が1億円なら、その年に使うのは400万円。

・翌年資産が2億円になったら800万円使えるが、5,000万円になったら200万円しか使えない。

毎年生活水準が変わるのはしんどいわ。

暮らし向きを変えないのがいいから、定額4パーセントの方がいいわね。

 しかし、定額4パーセントだと早い段階で株式の大暴落がきて資産が大きく減少してしまうと取り換えしがつかないのである。

 ここで、資産1億円でFIREして毎年の資産増加が株式と債券合計して4パーセント、毎年の引き出し額を定額の400万円として考えてみる。

条件

・資産1億円でFIRE

・株式と債券で年利4パーセントで運用

・取り崩し額は定額4パーセントの400万円

・細かい計算は省略しており、概算で計算

・30年後の資産状況を考えてみる

 資産増減が一定であれば、資産の動きは非常に緩やかである。

資産増減が毎年一定の場合

 毎年、定率で複利の効果が働いているから、資産減少は非常に緩やかで、400万円ずつ取り崩しても30年後には8,800万円が残っている。

電池くん
電池くん

利回りを上げれば資産は減少せずに増加していくやろう。

そうすれば、右肩上がりのグラフになるで。

資産増減が一定でない場合(早い段階で暴落が起きた場合)

 結果は30年後には総資産は-600万円になっている。当然だが、30年の平均利回りは4パーセントである。

 複利の効果はその年の総資産に影響するので、資産が大きく減ると翌年の複利の効果は減少してしまうのである。

 今回の例だと、2年目の資産が65パーセントに減少している。

 そこから定額400万円を取り崩していくと、総資産が加速度的に目減りしていくのである。

 このように最初に躓いてしまうと、4パーセントルールはあっけなく崩壊してしまう可能性があるのである。

 そして、資産増減は株式の割合が高くなればなるほど大きくなる。

 全資産の内、株式20パーセント・債券80パーセントよりも株式50パーセント・債券50パーセントの方が資産の動きは大きくなる。

結果

・30年で同じ利回りでも、早い段階で暴落があると定額で取り崩していては資産がマイナスになる可能性がある。

電池くん
電池くん

株式やと1年で資産が65パーセントになることは十分考えられるで。

そうなってしまうとあっけなく崩壊する可能性があるのが4パーセントルール。

まとめ

 トリニティスタディ・4パーセントルールの問題点ついて検証してみた。

4パーセントルールの問題点

・株式50パーセント・債券50パーセントの資産保有は現実的ではない

・インフレーションを考慮する必要がある

・早い段階で暴落がきたら積んでしまう

 1つ目は「株式50パーセント・債券50パーセントの資産保有は現実的ではない」ということ。

 FIREするには現金・預金を必ず持つ必要がある。

 持っておく現金・預金は家族構成や属性によって異なるが、普通に考えて年間支出の3倍は持っておく必要があるだろう。

 2つ目は「インフレーションを考慮する必要がある」ということ。

 トリニティスタディの表を見るにはインフレを考慮してみる必要がある。

 トリニティスタディの研究結果では、「株式50パーセント・債券50パーセントで資産を保有して定額4パーセントで取り崩していくと30年後に資産は2.97倍になっている」がインフレ率はアメリカと日本では異なっている。

 インフレを考慮するとアメリカは30年で資産が2.5倍になるが、日本では1.28倍にしかならない。

 3つ目は「早い段階で暴落がきたら積んでしまう」ということ。

 複利の効果は総資産の影響する。

 FIREして早い段階で暴落が起きて大きく資産が目減りすると、複利の効果が少なくなってしまうのである。

 30年の平均利回りが同じでも、早い段階で暴落が起きて資産を大きく減らしてしまうと、平均利回りが同じでも取り返しがつかないのである。

 暴落の影響は株式などのリスク資産が多ければ多いほど受けやすい。

 そして、暴落はいつ起きるか予想することが不可能である。

 以上の点が電池くんの考えるトリニティスタディ・4パーセントルールの問題点である。

電池くん
電池くん

あくまでも、わし個人の考えやから参考程度に考えていて欲しい。

でも、早くFIREしたいからといって少ない資産でリスク資産を多く取ってFIREするのは危険やというっことや。

わしはFIREするには少なくとも1億円は必要やと思っているで。

でも、1億円を作るには非常に時間がかかる。

その時間をどう考えるかは人それぞれや。

わしはゆっくり焦らずにFIREの準備を進めていくつもりやで。

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ


読んでいただきありがとうございました。記事が良かったらクリックをお願いいたします。励みになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました