資産3,400万円の人間が実践する倹約の上手な仕方とは【資産運用】

倹約 資産運用
電池くん
電池くん

資産を築くのに重要なのは倹約。

でも、全てのことに対して倹約するのは大変や。

今回はわしが考える上手な倹約の仕方について解説するで。

この記事を読めばわかること

・30代で資産3,400万円以上ある電池くんが考える上手な倹約の仕方がわかります

・倹約は自分に合わせた方法を取る必要があることがわかります

電池くんのスペック

・30代独身ひとり暮らし

・中小企業の会社員

・資産は3,400万円以上

・月の生活費は13万~14万円、日々の生活は倹約がモットー

・年間の貯蓄率は約70パーセント

資産を築くには欠かせない倹約

平均的なサラリーマン家庭

・家族構成

・30代男性 会社員 年収441万円 手取り340万円

・30代配偶者 専業主婦

・5歳の子ども

・年間支出 304万円

 総務省から抜粋したデータを見てみると、平均的なサラリーマン家庭の年収は340万円。

 年間支出は304万円ということを考えると年間貯蓄額は36万円ということになる。

 年間36万円を貯蓄して30年間で築くことができる資産は1,080万円。

 これでは、老後が不安だから多くの人が株式やコモディティ、暗号通貨などに投資をするのである。

 しかし、年間36万円を30年間4パーセントで投資するとしても、総額約2,080万円にしかならない。

CHECK!

・年間36万円を投資

・投資期間は30年間

・年4パーセントで運用

 もちろん、2,080万円と言えば大金には間違いないが、老後を何の心配なく暮らせるかと言えば疑問が残る方も多くいるのではないだろうか。

年収・手取りを増やすことは難しい

年間36万円の投資で老後に不安が残るのなら投資金額を増やせばいいんじゃないの?

年収を増やせば可能よね。

 と思われるだろうが、物事はそう簡単ではない。

 職種によるだろうが年収・手取りを増やすことは非常に難しいと感じる。

 そんなに簡単に年収を上げることができるのならば、平均的なサラリーマン家庭年収はもっと上がるだろうし、手取り額も増えていくだろう。

 電池くんの会社も年収は緩やかな右肩上がりではあるが、急激な上昇はない。

 そして、業界によって上限が決まっているのがサラリーマンである。

それじゃあ、転職したらいいんじゃないの?

 という意見が来そうだが、それをすることは非常に難しい。

 転職して年収が間違いなく上がるのであれば、誰でもするだろうがそうではない。

転職成功者
転職成功者

転職して年収もアップしたし、仕事も充実!転職してよかった。

という人もいれば

転職失敗マン
転職失敗マン

転職してみたけど、年収はあまり変わらないし仕事内容も全く違うし、しんどいわ~

 という人もいるだろう。

 そう考えると、老後資産を築きたいという理由で転職をするのはよく考える必要があるだろう。

電池くん
電池くん

やりたいことがある、今の仕事はブラック過ぎて無理や、という人は転職を考えるべきやろうけど、貯蓄を増やしたいという思いから転職しようと考えるのは非常に決断力が必要なことや。

大事なのは自分の目標を持つことや。

その目標に到達することが今の仕事で出来ないと考えるなら、転職すべきやで。

資産を増やすには倹約が一番

 年収・手取りを増やすのは非常に難しい。

 それでも貯蓄・投資額を増やすにはどうすればいいのか。

 いろいろ方法はあるのだろうが、即効性があり、誰でもすることができるのが「倹約」である。

倹約のいいところ

・即効性がある

・誰でもすることができる

 平均的なサラリーマン家庭の年間支出額は304万円。

 これを減らせば、年収を上げなくても貯蓄・投資額を増やすことができる。

 仮に、月30,000円支出を削減できれば年間で72万円を貯蓄・投資に使うことができるのである。

倹約~?今の生活レベルを下げるってことでしょ。

そんなの嫌だわ~。

今の生活で満ち足りているからこれ以上使うお金は減らせないわ。

 と考える人もいるだろう。

 しかし、多くの家庭で倹約できる箇所はあると考えている。

 家庭によっては通信費だったり、保険代だったり様々である。

 電池くんの考える上手な倹約とは「自分にとってどうしても必要な部分以外は妥協することを考える」ということである。

CHECK!

・自分にとってどうしても必要な部分以外は妥協することを考える

電池くんの倹約箇所

電池くんの昨年の家計簿

 電池くんの年間支出は約160万円。

 ひとり暮らしなので配偶者がいる家庭とは単純比較はできないが、平均的なサラリーマン家庭の支出よりもかなり少ない。

 そして、貯蓄・投資は年間400万円近くをしている。

 平均的なサラリーマン家庭の10倍以上の額を貯蓄・投資に費やしているが、年収はそれほど高いわけではない。

 年収1,000万プレーヤーには遠く及ばないし、業界水準から考えても1,000万プレーヤーになることはないだろう。

 それでも年間400万円近くを貯蓄・投資に費やすことができるのは「自分にとってどうしても必要な部分以外は妥協することを考えているからである」。

 電池くんの妥協している部分は「衣料費・交通費・保険代」である。

 逆に倹約していない部分は「医療費・スポーツ費」である。

妥協している部分

・衣料費

・交通費

・保険代

倹約していない部分

・医療費

・スポーツ費

電池くん
電池くん

それぞれを見て行くで。

妥協している衣料費・交通費・保険代

 電池くんが日々の生活で妥協している部分は「衣料費・交通費・保険代」である。

 衣料についてはさほど興味がないので、正確にいえば妥協しているとは言えないのだが、お金を全くかけていない。

 交通費・保険代についての妥協は「車」である。

 車は間違いなく生活を豊かにしてくれるものである。

 車のメリットは数多くある。

 パッと考え付くものでも、移動は楽だし、所有欲も満たしてくれる。高級車に乗れば顕示欲も満たしてくれる。

電池くん
電池くん

雨の日に外出せなアカン時は車があったらな~と考えるで。

 しかし、車の最大の欠点はランニングコストである。

 車を所有すれば車両代、ガソリン代、車検費用、メンテナンス費用、税金、保険代、駐車場代・・・と考えるだけで年間数十万は掛かってしまう。

 これは大きなデメリットである。

 電池くんは社会人になって車を所有していた時期もあったが、コストに見合う使い方をしていないと感じて手放した。

蓄財するには車を持つなってこと?

 と思われるかもしれないがそうではない。

 衣料・交通・保険は欠かすことができないという人もいるだろう。

 それはそれで全く問題ない。

 重要なのは出費に見合わないと感じるものはお金をかけないようにすることである。

 衣服が好きで衣服を購入することが日々の活力になるのなら、衣料費は削減するべきではないし、車も出費以上の価値があると思うなら所有するべきだろう。

電池くん
電池くん

自分にとって絶対に必要でないものの出費はトコトン削減すべきやとわしは考えているで。

周りの人がお金をかけているから、という理由で自分にとって不必要なものにお金をかけるほどアホらしいことはないで。

倹約していない部分

 電池くんが倹約していない部分は「医療費・スポーツ費用」である。

 医療費はいくらかかってもいいというスタンスである。

 職場の定期健診に加えて人間ドックには毎年行っているし、整体などにも行くようにしている。

 調子が悪ければ病院などにも積極的に行くようにしている。

 そして、スポーツ費用についてもお金をかけている。

 電池くんがするスポーツはロードバイク・MTBとランニングが主である。

 ロードバイクは練習用とレース用の2台、MTBは1台所有しており、レース用のロードバイクは80万円以上するものに乗っている。

自転車に80万円!!無駄使いもいいとこだわ。

 そのとおりである。

 しかし、電池くんには「ロードバイクにはそれだけのお金を出す価値がある」と考えてお金を使っているのである。

 そこは倹約しないようにしている。

 全ての項目において倹約することは非常に難しいし、息が詰まってしまう可能性がある。

 そのため、自分にとって価値があることにはお金を積極的に使ってもいいのではないだろうか。

電池くん
電池くん

自転車に総額で100万円以上使っているというのは間違いなく異常や。

でも、蓄財することはできているで。

まとめ

 資産を築くには生活費を上回るお金が必要である。

 生活費を上回るお金を手に入れるには2つの方法がある。

生活費を上回るお金を手に入れる方法

・収入を上げる

・支出を減らす

 単純だがこの2点のどちらかしかない。

 そして、多くの人にとって簡単で即効性があるのは「支出を減らす」ことではないだろうか。

 収入は同じでも支出を減らせば、減らした分だけ「預金・投資」にお金を使うことができる。(生活の質を上げないことが前提条件)

 一方で収入を増やすことは多くの人にとってハードルが高い。

 収入を増やすことを積極的に考えるのは大賛成である。

 しかし、まずは目標を設定して支出を減らすことからはじめるのが効率がいいだろう。

 支出を減らす上で重要なことは「自分にとってどうしても必要な部分以外は妥協することを考える」ことである。

CHECK!

・自分にとってどうしても必要な部分以外は妥協することを考える

 全てにおいて倹約をして支出を減らすことは非常に難しい。

 そして、どうしても必要な部分とは人によって様々である。

 食費を削れない人もいるだろうし、娯楽費を削れない人もいるだろう。

意識高いマン
意識高いマン

娯楽費を削れないなんて贅沢だよ。

それでは蓄財は進まないよ。

 これは大きなお世話である。

 倹約する部分を人と比較することは無駄である。

 自分にとって心地の良い範囲で倹約をしていけばいいだろう。

 そうして、少しずつ支出を見直せば今よりもお金は貯まっていくだろう。

 重要なのは自分に合わせた倹約をすることである。

上手な倹約の仕方とは

・倹約は蓄財するのに重要だが、倹約箇所は人によって違う

・倹約は自分と向き合ってすることが重要

・全てにおいて倹約する必要はない

 このことを考えつつ自分にあった倹約生活をして欲しい。

電池くん
電池くん

何でも倹約してしまうとどこかで糸が切れてしまって長続きしない可能性がある。

でも、自分に合った倹約を続けていると普段の生活に全くストレスがかからんから、長く続けていくことができるで。

今よりもお金を貯めたいと思ったら、少しずつでいいから自分に合った倹約をすることを考えてみてな。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ


読んでいただきありがとうございました。記事が良かったらクリックをお願いいたします。励みになります。

 

この記事を書いた人
電池くん

総資産は3,500万円以上、30代独身の会社員。
倹約をモットーに月々13~14万円で生活しています。
日々の生活に不満はないけれど、アーリーリタイヤ(FIRE)っていいんじゃないのと考えています。
ひとり暮らしのお金や生活に役立つ情報を発信しています。
よろしくお願いします。

電池くんをフォローする
資産運用
電池くんをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました