インデックス投資に向いている人は現状維持が好きな人であるということ【資産運用】

資産運用
同僚
同僚

電池くん、わたしもインデックス投資を中心にしているんだけどなかなか結果が出ないわ。

電池くん
電池くん

物事には人それぞれ向いていることと向いていないことがあるからな。

同僚
同僚

わたしは、ちょっと値段の動きがあるとすぐ売り買いしちゃうのよ。

その時は得した気分になるんだけど、気づけば含み損が出ているわ。

電池くん
電池くん

投資のスタイルも人それぞれやからな。

今回はインデックス投資に向いている人、向いていない人について解説するで。

インデックス投資とは

 インデックス投資とは、人によって捉え方は多少異なるが、大まかに言うと「右肩上がりの市場平均に乗っかって長期的にリターンを得る」という投資方法である。

 年によってムラがあるが、長期的(15年以上)で考えるなら年間4~8パーセントの利回りが得られると考えられている。

 最近はインデックス投資は誰でもできる投資方法として注目を浴びている。

インデックス投資マン
インデックス投資マン

投資はインデックス投資が最強だよ。

短期売買ぃ~、そんなのはギャンブルだよ。

インデックス投資こそ王道だよ。

 というような考えの人まで出てきているが、投資方法は人それぞれである。

何にでも向き不向きはある

 人には何にでも向き不向きがある。

 資産を増やそうと投資をする人の中にも、投資方法に向き不向きがあるのは自然なことである。

 インデックス投資に向いている人もいるだろうし、短期売買に向いている人もいる。

 それは、その人の属性や性格、資産状況、投資経験、知識など様々な要因によって異なっている。

 性格的に長期投資が向いていない人にインデックス投資をすることをおすすめはしないだろう。

電池くん
電池くん

同じ属性でも性格が違えば投資方法も全く異なるのが投資の面白いところ。

世界中見ても自分と全く同じ投資をしている人はいなんんじゃないかと思うで。

インデックス投資に向いている人とは

 電池くんはインデックス投資をしている。

 電池くんがインデックス投資をしているのは性格的に向いているからである。

 そして、思ったのがインデックス投資に向いている人に共通していることがある。

 インデックス投資に向いている人の共通点として「現状維持が好き」であるということである。

同僚
同僚

現状維持?なんか保守的でマイナスなイメージだわ。

電池くん
電池くん

確かにそう考える人もおるやろう。

でも、それは「現状維持」の認識の違いからきていることがあるで。

インデックス投資に向いている人

・現状維持が好きであるということ。

現状維持の視点を変えよう

 現状維持というと積極性がないというイメージを持つ人も少なからずいるだろう。

 電池くんは現状維持は視点が大事だと考えている。

会社員
会社員

ちょっと体重が増えてきたけど、今の食生活を変えたり運動することはしないよ。

今の生活を続けて行くよ。

会社員
会社員

ちょっと体重が増えてきたな。

今の体重をキープするために食生活を見直して運動することにするよ。

 この二人ともしていることは現状維持である。

 一方は今を変えないように努力をしない現状維持、もう一方は今を変えるために努力をすると決めた現状維持。

 同じ現状維持だが、内容は全く異なっている。

 この例だと「食生活」を維持するか「体重」を維持するかという視点である。

 食生活を維持する現状維持は楽だが、体重を維持する現状維持は楽ではないだろう。

 言ってしまえば、状況が悪化しているにも関わらず放置するのが「食生活をそのままにする現状維持」、状況の悪化に対応して今の良い状態を維持するのが「体重を維持する現状維持」である。

CHECK!

・現状維持には良い現状維持と悪い現状維持がある。

 既得権益に縛られて危険な状況を変えようとしない現状維持は精神的にも肉体的にも楽だが、時代や状況に合わせて、今のままだと現状維持できないと考えて努力を重ねて現状維持することは、精神的にも肉体的にも苦しいことが多い。

 しかし、そのしんどさを受け入れて行う現状維持についてはマイナスイメージを持つ人は多くはいないのではないだろうか。

 そして、インデックス投資に向いている人は「良い状態を維持すること」が好きな人であることが多い。

インデックス投資に向いている人

・良い状態を維持することが好きな人であるということ。

インデックス投資の現状維持とは

 インデックス投資が流行っている理由は様々だろうが、大きな理由として「少ない金額からはじめることができる」、「長期投資前提なのでほぼ損はしない(優良な銘柄選定が大前提)」、「高度な投資知識が要求されない」、「投資に時間をかけずに行える」といったところだろう。

インデックス投資が流行っている理由

・少ない金額からはじめることができる

・長期投資前提なのでほぼ損はしない(優良な銘柄選定が大前提)

・高度な投資知識が要求されない

・投資に時間をかけずに行える

同僚
同僚

これで年利4パーセントが狙えるってことでしょ。

めっちゃ楽だし誰でもやるわ。

 と考えるだろうが、物事はそう単純ではない。

 インデックス投資ははじめるのに敷居は低いが、続けるにはある程度のハードルはあるのである。

インデックス投資を続けるハードル

・少ない金額からはじめることができる → 少ない金額は絶対に必要

・長期投資前提なのでほぼ損はしない → 長期的に続けないといけない

・高度な投資知識が要求されない → 少しは投資知識が必要

・投資に時間をかけずに行える → 投資に全く時間をかけないことには行えない

 これらのハードルを超えることができる人がインデックス投資をすることができるのである。

 そして、これらのことは悪い状態を維持するような現状維持をする人にはすることができない。

会社員
会社員

インデックス投資って今のままで何も変えることなくできるんじゃないの?

いろいろとけっこうめんどくさいじゃん。

 インデックス投資は他の投資方法に比べたら比較的楽なだけであって、何も考えずにできるような投資ではないのである。

会社員
会社員

現状のままでも問題なさそうだけど、よりよい投資信託があるかもしれない。

経済ニュースも最低限は見ておかないと。

 インデックス投資は自分の投資状況を定期的に考えて知識をアップデートしていく必要があるのである。

 これが出来る人は「良い状態を維持する現状維持」が好きな人である。

 そうゆう人はインデックス投資に向いているだろう。

 しかし、インデックス投資をはじめた後は何もせず放置するだけの人はインデックス投資には向いていない。

電池くん
電池くん

インデックス投資にもある程度のメンテナンスは必要ということや。

インデックス投資に向いていないからといっても落ち込む必要は全くないで。

他の投資に向いていることもあるやろうし、投資自体が必要のない人なんかもしれん。

まとめ

 インデックス投資に向いている人・向いていない人について考えてみた。

 インデックス投資に向いている人は「現状維持が好きな人」である。

 現状維持にも種類がある。

インデックス投資に向いている人

・良い状態を維持することが好きな人であるということ。

 良い状態を維持するのが好きな人はインデックス投資に向いているといえるのではないだろうか。

 インデックス投資はお手軽にはじめることができる投資だが、続けるには実は多くのハードルがある。

インデックス投資を続けるハードル

・少ない金額からはじめることができる → 少ない金額は絶対に必要

・長期投資前提なのでほぼ損はしない → 長期的に続けないといけない

・高度な投資知識が要求されない → 少しは投資知識が必要

・投資に時間をかけずに行える → 投資に全く時間をかけないことには行えない

 これらのハードルは誰にでも超えることはできない。

 これらのハードルを超えることができる人は「良い状態を維持することが好きな人」である。

 自分が「良い状態を維持することが好きな人」であるならば、インデックス投資に向いている人であると考えてよいのではないだろうか。

 それならば、そうではない人はインデックス投資をしない方がいいのだろうか?

会社員
会社員

僕はめんどくさがりだからインデックス投資はするなってこと?

電池くん
電池くん

いや、そうではないで。

向いていなくても頑張って続けることもできるし、やっている内にインデックス投資に向いている人になっていくことも少なからずあるやろう。

それは人によって異なるで。

 インデックス投資はお手軽にできる投資として注目されているが、他の投資と比較してお手軽というだけで、全く手間をかけずにできるものではない。

 そのことを考えて投資をして欲しい。

電池くん
電池くん

人には向き不向きがある。

当然、インデックス投資にも向き不向きがある。

わしは向いていない投資はするべきではないと思っているで。

わしはインデックス投資をメインにやっているけど、高配当株投資や短期売買はほぼやっていない。

やっていない理由は向いていないと感じるからやな。

人はそれぞれ性格や属性が違っている。

その中で自分に合った投資をしていくのが一番いいと思っているで。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ


読んでいただきありがとうございました。記事が良かったらクリックをお願いいたします。励みになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました