【投資初心者の方へ】電池くんが解説するNISAについて1

お金 資産運用
同僚A
同僚A

電池くん、投資の第一歩としてiDeCoをはじめたわよ。次はいよいよSONYとかKDDIとかの株を買ってみたいわ。

電池くん
電池くん

そやな。iDeCoをはじめたら、次は自分のやりたい投資をしてみていいと思うで。でも、SONYとかKDDIみたいな個別株をお得に買える制度があるんや。

同僚A
同僚A

そうなの。iDeCoでは個別株は買えないから、どうしようかと思っていたんだけど。なになに?

電池くん
電池くん

個別株をお得に買えるといっても、スーパーみたいに20%OFFとかで買えるわけではなく、税金や手数料の面でお得な制度や。名前は「NISA」っちゅうんや。

同僚A
同僚A

NISA?名前ぐらいは聞いたことがあるけど、どうゆうものかよく分からないわ。

電池くん
電池くん

それじゃあ、今回はNISAについて解説するで。わしもNISAは使っとるけど、株式投資をするなら、まずはNISAや。

NISAとは

 NISAについて

 NISAとは、「少額投資非課税制度」の愛称で名前のとおり、投資に関する税金の優遇制度である。通常、株式などの資産運用で儲けが出れば、20%の課税がされるが、NISAを使えば、それが優遇され、非課税になるというものである。

 NISAで運用できる金額は毎年120万円を5年間である。つまり、累計で600万円をNISAで運用できるということになる。この年間120万円までの範囲で買った金融商品を保有している間に得た配当金や値上がりして得た売却益などは購入した年から数えて5年間課税がされない仕組みである。

特定口座の株式で年間5000円の配当金があった場合

5000円-(5000円×0.2)=4000円  受取額

NISA口座で購入した同様の株式の配当金

5000円ー課税無し=5000円

同じ株式を保有しているのに1000円の差が出る。

 という仕組みである。

同僚A
同僚A

電池くん、NISAは5年間しか使えないのよね。5年経ったらどうなってしまうの?

 非課税期間の5年が経過した時は、保有している金融商品を翌年の非課税投資枠に移すことや、NISA口座以外の課税口座(大体は特定口座)に移すことができる。これをロールオーバーと言ったりする。

同僚A
同僚A

そうなんだ。NISAは600万円まででしょ。もし、ロールオーバーする額が600万円を超えていたらどうするの?

 ロールオーバーできる額に上限はないため、600万円を超えていても、問題なく全てを翌年の非課税投資枠に移すことができる。

同僚A
同僚A

NISAってだいぶ前からあるよね。今からやって大丈夫なの?

 今のところ、NISAは2023年までの制度とされているので、金融商品を購入できるのは2023年までとなる。2023年中に購入した金融商品については、5年間の非課税枠で保有することができる。

電池くん
電池くん

今、政府で言われとるのが、NISAの新制度についてや。みんなにお得に投資をはじめて欲しいと思ってできた制度がNISAなんやけど、実際に年間120万円を投資できる人は限られていたり、潰れそうな会社の株を限度額いっぱいまで買って売却益を狙うようなお金持ちのギャンブル枠として使われていることも事実や。

そうしたことから、NISAを2階建てにしようと考えている案があるみたいや。最初は年間20万円の枠で投資信託のような低リスク商品だけしか購入できないようにして、それをクリアーしたら、年間102万円の枠を使うことができるといった仕組みを考えとるみたいや。

どうなるかわからんけど、誰もが投資で資産運用して欲しいという願いから生まれたのがNISA制度やとわしは思っとる。投資をするなら、まずはNISAについて考えてほしい。

 長くなりそうなので、2回に分けて解説する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました