利回り33.3パーセント・2021年6月のiDeCo積立て状況【資産運用】

iDeCo 資産運用
電池くん
電池くん

iDeCoの積み立てをはじめて27カ月。

積み立て状況について公開するで。

電池くんのスペック

・30代独身ひとり暮らし

・中小企業の会社員

・資産は3,400万円以上

・月の生活費は13万~14万円、日々の生活は倹約がモットー

・年間の貯蓄率は約70パーセント

iDeCo積み立て状況

 

 2年以上積み立てて拠出金額合計が368,786円。

 資産は491,605円となっている。

 含み益は122,819円。

 利回りは驚異の33.3パーセントである。

 きれいな右肩上がりである。

 利回りは33.3パーセントとかなり好調である。

 iDeCoは30年以上の長期投資なので30年このままの利回りで続くはずがないだろう。

 30年間していれば、利回りは4~8パーセントほどに落ち着くと考えている。

 iDeCoには過度な期待は禁物である。

まとめ

 2021年6月のiDeCo積み立て状況を公開した。

 iDeCoの資産状況は491,605円、利回りは33.3パーセント.

 iDeCoは長期投資前提なので淡々と積み立てて行くだけの資産運用である。

 そういった意味では電池くんの投資スタイルと非常に相性がいい。

 月の拠出額12,000円、利回り6パーセントで考えると受け取る際は800万円ほどになると予想している。

 iDeCoは出口戦略が悩ましい資産運用である。

 退職金が多い(2000万円以上)の場合は退職控除の問題があるし、受け取るのは30年ほど先になるので制度がどうなるかわからない状況である。(おそらくは制度改正があるだろう)

 そういった意味ではiDeCoの過度な期待は禁物である。

 受取金額が多くなるのはいいことだが、退職控除が使えないとなると、積み立てた分がいくらか税金で相殺されてしまう可能性がある。

 そういったことを注視しつつ積み立てを行って行きたい。

電池くん
電池くん

退職控除は2,000万円が限度額やから、退職金を多くもらえる企業ではiDeCoを含めると控除枠をこえてしまう。

これが非常に悩ましい問題や。

でも、30年後にはどうなっているかわからんからな。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ


読んでいただきありがとうございました。記事が良かったらクリックをお願いいたします。励みになります。

 

 

この記事を書いた人
電池くん

総資産は3,400万円以上、30代独身の会社員。
倹約をモットーに月々13~14万円で生活しています。
日々の生活に不満はないけれど、アーリーリタイヤ(FIRE)っていいんじゃないのと考えています。
ひとり暮らしのお金や生活に役立つ情報を発信しています。
よろしくお願いします。

電池くんをフォローする
資産運用
電池くんをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました