わかりやすく解説・SBI証券で三井住友カードの投資信託積み立てが開始【資産運用】

SBI証券 資産運用
同僚
同僚

SBI証券で三井住友カードの投資信託積み立てが開始されるってことなんだけんど、詳細がよくわからないわ。

 そんな人のための記事です。

この記事を読めばわかること

・SBI証券ではじまる三井住友カードの投資信託積み立てについてわかります

・三井住友カードで投資信託積み立てすべき人がわかります

電池くんのスペック

・30代独身ひとり暮らし

・中小企業の会社員

・資産は3,400万円以上

・月の生活費は13万~14万円、日々の生活は倹約がモットー

・年間の貯蓄率は約70パーセント

SBI証券で開始される三井住友カードの積み立てについて

 SBI証券のホームページでピックアップされているのが、2021年6月30日から開始されるクレジットカード決済での資産運用。

出典 SBI証券
出典 SBI証券

 見た感じだと、投資信託をカード決済で購入することができるサービスのようだ。

 最大のメリットは積み立て金額の0.5パーセントがVポイントとして還元されることである。

 積み立て設定金額は50,000円が上限なので、上限まで積み立てると250円のポイントバックということになる。(スタートダッシュキャンペーン中は1.5パーセントのポイントバック)

 年間で考えると3,000円のポイントバックである。

概要

・三井住友カードで投資信託を購入することができる

・NISA,つみたてNISA口座に対応

・積み立て設定金額は100円からで上限は50,000円

・最大のメリットは買い付け金額の0.5パーセントのVポイントバック(月250円)

・開始日は2021年6月30日

スタートダッシュキャンペーンの概要

出典 SBI証券

 三井住友カードのスタートダッシュキャンペーン最大のポイントはキャンペーン期間中にポイントバック率が1.5パーセントになることである。

出典 SBI証券

 キャンペーン期間は最初の6カ月間。

 この期間ポイントバック率が1.5パーセントになるので、上限の50,000円積み立てをすると1カ月のポイントバックは750ポイント、6カ月で4,500ポイントもらえることになる。

CHECK!

・キャンペーン期間は最初の6カ月間。

・キャンペーン期間中に上限まで積み立てるともらえるポイントは4,500ポイント。

同僚
同僚

キャンペーン期間に満額積み立てをすると4,500ポイントはお得ね。

6月30日開始ってことは6月中に申し込む必要があるということかな?

電池くん
電池くん

6月30日からサービス開始なんやけど、実際の積み立て開始は8月2日からや。

そのあたりも解説するで。

積み立てスケジュールについて

出典 SBI証券

 サービスが開始されるのは6月30日だが、すぐに積み立て設定をする必要はない。

 積み立て設定は7月10日までに行うと、初回投資信託買付日の8月2日に積み立てができるということになる。

 

電池くん
電池くん

サービス開始は6月30日やけど、そこは意識する必要はないで。

1.5パーセントのキャンペーンに間に合わせるには7月10日までに積み立て設定を行う必要があるで。

スケジュール

・6月30日~7月10日までの間にSBI証券で投資信託積み立て設定をする → 8月2日から積み立て開始

同僚
同僚

こう見るとカード発行を申し込むのも日程に余裕があるわね。

でも、私は月に50,000円も追加で投資信託を購入する余裕はないわ。

電池くん
電池くん

もちろん、無理にやることはないと思うで。

キャンペーン期間以外は0.5パーセントのポイント還元やしな。

このサービスを使うべき人

 このSBI証券と三井住友カードの連携は楽天証券を意識しているだろう。

 楽天証券は楽天カードで投資信託積み立てを行えば、50,000円を上限に1パーセントのポイントバックをしている。

 SBI証券と三井住友カードの連携サービスはキャンペーン期間中こそ1.5パーセントのポイントバックだが、キャンペーン期間の6カ月が過ぎれば0.5パーセントになる。

 楽天証券の1パーセントポイントバックには及ばない。

 長い目でみれば楽天証券の積み立てがお得なのは間違いがないだろう。

CHECK!

・SBI証券と三井住友カードの連携サービスは長い目で見れば楽天証券のサービスに劣後する。

 これを考えて、この連携サービスを使うべき人は「楽天証券で50,000円積み立て投資をしていて、さらに買い付けができる人」である。

 投資信託積み立ての優先順位は明らかに楽天証券の方が高いだろう。

同僚
同僚

わたしは楽天証券で25,000円積み立て投資しているわ。

 このような人はSBI証券と三井住友カードの連携サービスよりも楽天証券の積み立て金額を増やした方がいいだろう。

この連携サービスを使うべき人

・楽天証券で50,000円の積み立てをしており、さらに買い付けができる人

まとめ

 SBI証券と三井住友カードの連携サービスについて解説した。

概要

・三井住友カードで投資信託を購入することができる

・NISA,つみたてNISA口座に対応

・積み立て設定金額は100円からで上限は50,000円

・最大のメリットは買い付け金額の0.5パーセントのVポイントバック(月250円)

・開始日は2021年6月30日

 ポイントバックが1.5パーセントになるキャンペーン期間は以下の通り。

出典 SBI証券
CHECK!

・キャンペーン期間は最初の6カ月間。

・キャンペーン期間中に上限まで積み立てるともらえるポイントは4,500ポイント。

 キャンペーンの積み立て日程は以下のとおり。

出典 SBI証券
スケジュール

・6月30日~7月10日までの間にSBI証券で投資信託積み立て設定をする → 8月2日から積み立て開始

電池くん
電池くん

お得なサービスやけど、優先してやることがまずあるで。

 ポイント的には楽天証券の方が還元率がいい。

CHECK!

・SBI証券と三井住友カードの連携サービスは長い目で見れば楽天証券のサービスに劣後する。

 SBI証券と三井住友カードの連携サービスをやるべき人は楽天証券で上限まで積み立てている人である。

この連携サービスを使うべき人

・楽天証券で50,000円の積み立てをしており、さらに買い付けができる人

電池くん
電池くん

いいサービスではあるけど、キャンペーン期間を除けば楽天証券に劣後するのが現状や。

月100,000円の積み立て投資できる人のみがサービスの恩恵を全て受けられることになる。

そう考えると、完全に恩恵を受けられる人は多くないと思うで。

いろんなサービスを比較して自分にあったサービスを使っていくことが大切やで。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ


読んでいただきありがとうございました。記事が良かったらクリックをお願いいたします。励みになります。
この記事を書いた人
電池くん

総資産は3,500万円以上、30代独身の会社員。
倹約をモットーに月々13~14万円で生活しています。
日々の生活に不満はないけれど、アーリーリタイヤ(FIRE)っていいんじゃないのと考えています。
ひとり暮らしのお金や生活に役立つ情報を発信しています。
よろしくお願いします。

電池くんをフォローする
資産運用
電池くんをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました