自分の欲望を正当化するとお金は貯まらないということ【資産運用】

物欲 資産運用
同僚
同僚

欲しいものがいっぱいあるけど、今月はお金がピンチ!

でも、限定商品だから買わないと後悔するわ。

 物欲を抑えきれないことは誰しもが経験することだろう。

 お金が無限にあれば物欲を満たすことは可能かもしれないが、多くの人は自分の物欲を満たすことはできずにいる。

 なんとかして物欲をコントロールしたい、そんな人のための記事です。

この記事を読めばわかること

・いい物欲と悪い物欲がわかります

・物欲を抑える方法がわかります

電池くんのスペック

・30代独身ひとり暮らし

・中小企業の会社員

・資産は3,400万円以上

・月の生活費は13万~14万円、日々の生活は倹約がモットー

・年間の貯蓄率は約70パーセント

物欲には2種類ある

 物欲には2種類の物欲がある。

 1つは「他人の評価を必要としない物欲」、2つ目は「他人の評価を必要とする物欲」である。

物欲の種類

・他人の評価を必要としない物欲

・他人の評価を必要とする物欲

同僚
同僚

どうゆうこと?

どっちも物が欲しいという欲望じゃないの?

 この2つは同じようで全く異なっている。

 いい物欲とは、「他人の評価を必要としない物欲」である。

 反対に悪い物欲とは、「他人の評価を必要とする物欲」である。

電池くん
電池くん

それぞれについて解説していくで。

他人の評価を必要としない物欲(いい物欲)

 物欲の1つ目である「他人の評価を必要としない物欲」はいい物欲である。

 この物欲で購入するものは、「他人に見せる必要がなく、自分自身で必要と判断したから購入する」ものである。

同僚
同僚

毎日使っている食器が古くなったから買い替えたわ。

食器はまだまだ使えるけど、どうしても買い替えたくなっちゃったのよ。

私はひとり暮らしだし、誰かに料理を出すわけじゃないから、比較的安い食器を購入したわ。

 これは、「他人の評価を必要としない物欲」の解消方法である。

 必ずしも食器を買い替える必要はないが、日々の生活を豊かにするために贅沢と分かっていながらも、物欲を解消するためにお金を使っている。

同僚
同僚

いい物欲の解消方法って安いものを買って、お金をかけないってこと?

電池くん
電池くん

いや、そうゆうことではないで。

 「他人の評価を必要としない物欲」=「安いものを購入する」ことではない。

 「他人の評価を必要としない物欲」の解消でも、自分自身が必要と思えば高価なものを購入しても全く問題ない。

同僚
同僚

この食器は高価だけど、この食器でごはんを食べれば毎日やる気が出るわ。

 こういったような、「自分自身の生活を豊かにしてくれるもの」は高価なものでも購入していいだろう。

 そして、これは自分自身の価値観の範囲であり、他人の評価は全く関係がない。

同僚
同僚

リセールバリューが悪かろうが、値段が高い時期だろうが、自分が今欲しいから購入した。

 自分自身が必要と判断して購入するのは「他人の評価を必要としない物欲」であり、これに関してものを購入することは「いい物欲の解消方法」である。

いい物欲

・他人の評価を必要としない物欲

・他人の評価を必要としない物欲=安いものを購入する、ではない。

・自分自身の価値観の範囲で、他人の評価を気にせず解消するのがいい物欲の解消方法

他人の評価を必要とする物欲(悪い物欲)

 物欲の2つ目である「他人の評価を必要とする物欲」は悪い物欲である。

物欲マン
物欲マン

車はもちろん外車。

社会人でいい年なんだから、軽自動車や大衆車に乗ることはできないよ。

周りに恥ずかしくない車に乗らなきゃ。

 これは「他人の評価を必要とする物欲」である。

 物欲を解消する基準が自分ではなく他人になってしまっているのである。

 自分が欲しいかはっきりとしないが、他人からどう見られるかを気にして物欲を解消しようとしてしまうのである。

 もちろん、外車を購入するのは悪いことではない。

 自分自身がどうしても外車に乗りたくて、浪費、贅沢を分かっていながら、好きな外車を購入する、これは問題のない物欲の解消法である。(お金に余裕があることが大前提だが)

 しかし、安いものでも機能的にも自信の所有欲も十分であるにも関わらず、他人の目を気にして欲しくもない高価なものを購入する。

 これは、間違いなく「悪い物欲」の解消方法である。

CHECK!

・悪い物欲=他人の評価を必要とする物欲

・他人の評価を気にする物欲は浪費、贅沢になりがち

悪い物欲を正当化するとお金は貯まらない

 いい物欲と悪い物欲、同じものを購入するにしてもこの2つを使い分けることが大切である。

 先日、取引先でこのようなことがあった。

Aさん
Aさん

電池くん、今日はうちの会社に来ていたんだね。

ところで、見てよ。

ついにこの50万円の時計を購入したよ。

ついでにスーツも20万円のオーダーメイド製にしたんだ。

電池くん
電池くん

すごいですね。

何かあったんですか?

Aさん
Aさん

いや~。僕もこの会社で10年以上働いて部下もそれなりにできてきたからなんとか妻を説得してローンで購入したんだよ。

この会社で10年以上働けばこのぐらいのものを身につけることができるんだぞ、っていうことを後輩に教えたくてさ~。

先輩がいいものを身につけることによって、後輩のやる気を出させるんだよ。

電池くん
電池くん

はぁ~、そうなんですか。

僕は次の仕事があるので失礼します。

(25,000円のスポーツウォッチを見て時間確認)

 職業によって違いがあるのだろうが、このような買い物の仕方は典型的な悪い物欲の解消方法である。

 この物欲の解消方法には悪い箇所がある。

悪い箇所

・購入したものが仕事と全く関係がないこと

・本当は自分自身が欲しい高価なものを、他人を使って正当化して購入していること。

購入したものが仕事と全く関係がないこと

 この物欲の悪い箇所1つ目は「購入したものが仕事と全く関係がない」ということである。

 仕事によっては、高価なものを身につける必要がある職種もあるだろうが、電池くんの取引先は一般的な企業である。

 おそらくは収入も電池くんと大きく乖離していることはないだろう。

 電池くんと同水準の年収で仕事用の時計に50万円もかける必要はないし、20万円のオーダースーツも必要が無い。

後輩くん
後輩くん

Aさんってすげー。

俺も早くああなるように仕事を頑張らなきゃ!

 50万円の時計と20万円のオーダースーツを見て、このように考える若い社員は残念ながら非常に少ないだろう。

 今の若い世代の会社員は非常に優秀である。

 考え方は柔軟だし、しっかりとしている。

 少なくない人数が資産運用に取り組んでいるし、お金に対しても電池くんが同年代だった時よりも、遥かに堅実かつ真摯に向き合っている。

 そういった優秀な若い世代の社員と仕事をするときに大事なのは50万円の時計でも20万円のオーダースーツでもない。

後輩くん
後輩くん

興味のない時計とか見せられても困るよ💦

この人、浪費家なのかな?

 こう思われてしまう可能性が少なからずある。

 部下や後輩と仕事をするときに大切なのは、仕事を教える能力であったり、経験を活かして困難を解決する方法を見せることである。

後輩くん
後輩くん

あの人は長年働いているだけあって、やっぱり仕事ができるんだな。

 仕事で部下の信頼を得る方法は仕事の中にしかない、と電池くんは考えている。

 高価なものでやる気を出させる必要はないし、無駄な飲み会で話を聞いてコミュニケーションをとった気になることでもない。

 仕事で信頼を得る方法は仕事の中にしかないのである。

CHECK!

・仕事で信頼を得る方法は高価な時計でもオーダースーツでもない。

・仕事で信頼を得る方法は仕事の中にしかない。

本当は自分自身が欲しい高価なものを、他人を使って正当化して購入していること

 この物欲の悪い箇所2つ目は「本当は自分自身が欲しい高価なものを、他人を使って正当化して購入していること」ということである。

Aさん
Aさん

いや~。僕もこの会社で10年以上働いて部下もそれなりにできてきたからなんとか妻を説得してローンで購入したんだよ。

この会社で10年以上働けばこのぐらいのものを身につけることができるんだぞ、っていうことを後輩に教えたくてさ~。

先輩がいいものを身につけることによって、後輩のやる気を出させるんだよ。

  これをしっかりと要約するとこうゆうことになる。

Aさん
Aさん

高価な時計とスーツが欲しいけど、家計に余裕がない。

でもでも、絶対に欲しいぃ~!!

仕事の後輩を出汁にしてなんとか妻を説得するぞ!!!

 これはおそらく最も悪い物欲の解消方法である。

最悪の物欲の解消方法

・他人を必要とする高価なものが欲しい

・家計に余裕がないが欲しい

・仕事と後輩を出汁にしてまで欲しい

 麻雀で言えば役満である。

 一発で全員を捲ることができるぐらいの破壊力だろう。

 先ほども書いたが、高価なものを購入すること自体は悪いことでも何でもない。

 しかし、他人に価値観を置いてしまってはいけないのである。

 自分自身の価値観で高価なものを購入することが大切である。

 他人に価値観を合わせてしまっては、いつまで経ってもお金が貯まることはないだろう。

物欲で大切なこと

・他人に価値観を置かないこと

・価値観は自分自身に合わせること

まとめ

 自分の欲望を正当化するとお金が貯まらないということについて解説した。

 物欲には2種類ある。

物欲の種類

・他人の評価を必要としない物欲

・他人の評価を必要とする物欲

 電池くんの考えるいい物欲は「他人の評価を必要としない物欲」。

いい物欲

・他人の評価を必要としない物欲

・他人の評価を必要としない物欲=安いものを購入する、ではない。

・自分自身の価値観の範囲で、他人の評価を気にせず解消するのがいい物欲の解消方法

 悪い物欲は「他人の評価を必要とする物欲」

悪い箇所

・購入したものが仕事と全く関係がないこと

・本当は自分自身が欲しい高価なものを、他人を使って正当化して購入していること。

 仕事において悪い物欲の解消方法がある。

 それは、仕事で後輩に見せるために高価なものを購入すること。

 これには、悪い箇所が2つある。

悪い箇所

・購入したものが仕事と全く関係がないこと

・本当は自分自身が欲しい高価なものを、他人を使って正当化して購入していること。

 購入したものが仕事と全く関係がない物欲の解消は意味が無い。

CHECK!

・仕事で信頼を得る方法は高価な時計でもオーダースーツでもない。

・仕事で信頼を得る方法は仕事の中にしかない。

 本当は自分自身が欲しい高価なものを、他人を使って正当化して購入していることは最も悪い物欲の解消方法である。

最悪の物欲の解消方法

・他人を必要とする高価なものが欲しい

・家計に余裕がないが欲しい

・仕事と後輩を出汁にしてまで欲しい

 物欲解消で大切なことは価値観をどこに置くかということ。

物欲で大切なこと

・他人に価値観を置かないこと

・価値観は自分自身に合わせること

 これを考えながら物欲解消をしていくことがお金を貯めることに繋がるのである。

電池くん
電池くん

わしは、どちらかと言えば物欲は少ない方やと思うけど、それでも欲しいものはいろいろ出てくるで。

わしの中で一番の贅沢品はロードバイクや。

レースで使うものはカスタム料金を入れて120万円以上はかけているで。

不釣り合いやけど、自分自身が欲しいから購入して満足しているで。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ


読んでいただきありがとうございました。記事が良かったらクリックをお願いいたします。励みになります。

この記事を書いた人
電池くん

総資産は3,400万円以上、30代独身の会社員。
倹約をモットーに月々13~14万円で生活しています。
日々の生活に不満はないけれど、アーリーリタイヤ(FIRE)っていいんじゃないのと考えています。
ひとり暮らしのお金や生活に役立つ情報を発信しています。
よろしくお願いします。

電池くんをフォローする
資産運用
電池くんをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました