【30代独身一人暮らしの家計簿】12月の支出公開

家計管理
電池くん
電池くん

12月の支出を公開。2020年最後の1ヶ月の支出を公開していくで。

12月の家計簿公開

 

 12月の支出合計は15万993円でした。

 11月は12万5793円だったので、12月は先月から2万5000円増加となりました。

 2020年半年の支出平均は13万7287円なので、12月の支出は平均よりも1万3000円多いことになりました。

 それでは、内訳を見ていきましょう。

食費

 12月の食費は2万4750円でした。

 GoToEatで外食を利用していたので抑えられていましたが、普段通りの支出となりました。

 12月末に食品を買いだめで4000円ほど使ったのでその分が多くなっていました。

水道光熱費

 12月の水道光熱費は3861円でした。

 ガス代が1307円、電気代が2554円でした。水道代の12月の請求は無し。

 ガス代、電気代共に抑えられています。

交通費

 12月の交通費は859円でした。

 バイクのガソリン代のみです。ほぼ通勤にしか使っていないので、この金額です。

娯楽費

 12月の娯楽費は1万1359円でした。

 友人との遊び代やスーパー銭湯代、新日本プロレスの有料チャンネル代などです。

 よく使っていますが、これが日々の活力になっているのでOKな支出です。

日用品費

 12月の日用品費は2901円でした。

 電池くんは洗剤などはふるさと納税でもらっているのであまりかからないのですが、清掃用具などの細々としたものを購入しました。

 

通信費

 12月の通信費用は5233円でした。

 ポケットWi-Fiとガラケーの料金です。

 月々の固定費なので変わらない支出です。

 ドコモの新プランAhamoが魅力的ではありますが、ガラケー好きなのでガラケーが使えなくなるまではこれで行こうと思っています。

雑費

 雑費は200円でした。

 よく行くスーパーのポイントカードをランニングの時に落としてしまったので、それの再発行手数料です。再発行で中に入っていたお金やポイントが戻ってきたので、よい時代になったな~と感心しました。

医療費

 12月の医療費は2610円でした。

 リップクリームや化粧水などを購入した代金です。

住居費

 12月の住居費は6万5400円でした。

 これは毎月の固定費です。

 電池くんの部屋は

部屋のスペック

・築25年

・職場から徒歩10分

・最寄り駅までは徒歩30分

・間取り 3DK(和室1、洋室3)

・家賃65000円(U35割)

・トイレバス別

・3階

出典 UR賃貸住宅 

建物の外観はこんな感じである。

※実際の電池くんの住まいではありません。

 この部屋に月6万5400円で素晴らしい環境に住めているので、UR賃貸住宅に感謝です。

衣服代

 12月は久々に衣服代がかかり、9839円でした。

 衣服といっても、靴下やインナーなどの必要最低限の衣服を購入代です。

 電池くんは衣服は清潔であればいいと思っているので、アウターなどを毎月購入するなどのことはせずに、同じ服装で過ごすことが多いです。

仕事費用

 仕事費用は1300円でした。

 職場の後輩へお菓子の差し入れを行ったので、その費用です。

 これはもっと使ってもいい金額ですね。

書籍代

12月の書籍代は4311円でした。

文庫本やハードカバーを数冊と電子書籍を購入しました。

これは毎月のことですが、もっと使ってもいいお金です。

スポーツ用品代

 12月のスポーツ用品代は18170円でした。

 寒くなってきたので、ロードバイクに乗る回数が減り、ランニングをする回数が増えています。

 そのため、ランニング用の音楽プレーヤーを新調しました。

 AFTERSHOCKZのXTRAINERZという骨伝導イヤホンの音楽プレーヤーを購入しましたが、非常に満足度が高いです。

まとめ

 12月の支出合計は15万793円でした。

 過去6カ月の平均支出と比べると1万3000円多い出費となっています。

 いつもと違う大型出費はスポーツ用品代の1万8170円です。

 こうして見てみると、無駄な出費はほどんどないので、このまま継続していこうと思っています。

電池くん
電池くん

こうやって家計簿をつけることによって、日々の支出を把握できているので安心感があるで。

給料よりも遥かに少ない支出で生活できているにもかかわらず、日々の満足度は非常に高い。

スポーツ用品などにもお金を使えてるし、このまま継続していくことが大事や。

コメント

タイトルとURLをコピーしました