ホワイトデーおすすめのお返し【仕事関係・雑記】

神戸フランツ 雑記
電池くん
電池くん

昨日は3月14日のホワイトデー。

バレンタインデーでチョコレートをもらった人は、昨日が日曜日やったから今日お返しをする人もいるやろう。

今回はわしがするバレンタインデーのお返しを紹介するで。

この記事を読めばわかること

・ホワイトデーで喜ばれるお返しがわかります

・職場の人にお返しをすることの大切さがわかります

電池くんのスペック

・30代独身ひとり暮らし

・中小企業の会社員

・資産は3,300万円以上

・月の生活費は13万~14万円、日々の生活は倹約がモットー

・年間の貯蓄率は約70パーセント

バレンタインデーのお返し

 電池くんの職場は義理チョコを配る習慣はない。

 かといって、全く配らないかと言えばそうではない感じである。

 日頃から仕事以外でも付き合いがある人からは、愛想も兼ねてもらうことがある。

 仕事をはじめて10年以上になるが、お返しするものは毎年いっしょのものにしている。

 電池くんが10年以上お返しで購入しているものはこれである。

神戸Frantzの苺トリュフ

神戸苺トリュフ(R)
当店贈り物人気No.1の神戸苺トリュフは、甘酸っぱい苺をフリーズドライにして、ミルク風味のクリーミーなホワイトチョコでコーティング。苺のほんのりした酸味とサクサクした食感、そして神戸フランツのプレミアムチョコレートを使用したチョコのなめらかな口どけが口のなかで一体に。苺本来のおいしさを引き出すよう、甘さ控えめにこだわっ...
出典 神戸Frantz

 電池くんは兵庫県に住んでいるので、地元のお菓子で美味しいものを購入するようにしている。

 そして、兵庫でおすすめのお菓子のひとつが「神戸Frantzの苺トリュフ」である。

 電池くんが毎年お返しで購入しているのは「白トリュフ」と「赤トリュフ」が入った大きいサイズのものである。

中身

 「白トリュフ」と「赤トリュフ」が90グラムずつ入っている。

 このセットで2000円ほどである。

 それなりの値段がするが、毎年非常に好評である。

 毎年この時期に自分にもひとつ買うようにしている。

 写真を撮ったのは自分のものである。

 これをひとり一個なので、年によっては結構な出費になるが、これで職場の女性に喜んでもらえて、良好な関係を築けるのなら大きな出費とは思わない。

電池くん
電池くん

わしは、お返しは「普段は買わないけど、もらったら嬉しいもの」を送るようにしているで。

バレンタインデーでチョコレートをもらったなら、お返しするのが常識やけど、出来ていない人がいることも事実や。

良好な職場関係を自分で作るためには、ちょっとした気遣いは大切やで。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(一人暮らし)へ
読んでいただいてありがとうございました。記事がよかったらクリックお願いいたします。励みになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました