ひとり暮らしの最も効果の高い倹約とは【ひとり暮らし・家計管理】

一人暮らし
同僚
同僚

普通に生活しているだけなのにお金が貯まらないわ~。

 普通に生活にしているだけなのにお金がなかなか貯まらない。

 そんな人のための記事です。

電池くんのスペック

・30代独身ひとり暮らし

・中小企業の会社員

・資産は3,500万円以上

・月の生活費は13万~14万円、日々の生活は倹約がモットー

・年間の貯蓄率は約70パーセント

この記事を読めばわかること

・一般的なサラリーマンがお金を増やすことが難しいことがわかります

・一般的なサラリーマンの倹約ポイントがわかります

一般的なサラリーマンが蓄財することは難しい

平均的なサラリーマン家庭

・家族構成

・30代男性 会社員 年収441万円 手取り340万円

・30代配偶者 専業主婦

・5歳の子ども

・年間支出 304万円

  年収、手取り、支出を総務省のデータベースから平均値を抜粋したものである。

  ここから考えると、一般的なサラリーマンは年間で36万円の貯蓄ができるということである。

電池くん
電池くん

一般的なサラリーマンの年間貯金額は年間36万円。

これでは、つみたてNISAを満額することもできん。

CHECK!

・一般的なサラリーマンが蓄財することは難しい

それならば倹約をしよう

同僚
同僚

一般的なサラリーマンが資産を増やすことが難しいなら、蓄財するためにはどうすればいいの?

 一般的なサラリーマンが普通に生活をしていれば蓄財することは非常に難しい。

 それならばどうすればいいか。

 最も簡単な方法として挙げられるのが「倹約」である。

 一般的なサラリーマンが収入を増やすことは簡単ではない。

 しかし、倹約して支出を減らすことは収入を増やすよりも遥かに簡単である。

CHECK!

・一般的なサラリーマンが収入を増やすことは難しい

・倹約して支出を減らすことは簡単にできる

一般的なサラリーマンの倹約ポイント

 一般的なサラリーマンができる倹約ポイントは属性によって様々である。

 倹約をするポイントとしては、費用対効果がいかに高いかである。

同僚
同僚

我慢して我慢して月に500円支出を削減できたわ。

 これは、費用対効果が高い倹約とは言えないだろう。

 時間と節約額の折り合いが取れていると感じるのが費用対効果の高い倹約である。

 電池くんは倹約をして収入を遥かに下回る支出で生活している。

 そんな状況でひとり暮らしで最も効果の高い倹約は「自炊」である。

電池くんが考える効果の高い倹約

・自炊

電池くん
電池くん

費用対効果の高い倹約である自炊について解説するで。

自炊

 費用対効果の高い倹約が「自炊」である。

同僚
同僚

自炊~。めんどくさいよ。

 ひとり暮らしの場合、仕事をして家に帰ってきてから料理を作るのは確かに手間である。

 しかし、自炊は非常に費用対効果が高い。

 ひとり暮らしのサラリーマンが全て外食にした場合、1日で1,500円はかかってしまうだろう。

 タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミンをバランスよく食べようとするならば、1,500円では到底たりないだろう。

 仮に1日2,500円とすると、月に75,000円食費がかかってしまうことになる。

ALL外食

・ひとり暮らしでALL外食なら75,000円ほどかかる

 料理上手な人のブログなどを見てみると月10,000円~15,000円ほどで生活している。

同僚
同僚

月に75,000円と15,000円の差は大きいわね。

 食費が15,000円にすることは可能だろうが、そこまでしようとすると、時間が非常にかかってしまうだろう。

同僚
同僚

食費を少しでも削るために料理に時間をかけるわ。

 料理が趣味ならばいいだろうが、そうではない人にとっては、あまり時間をかけたくないものである。

徹底した自炊

・徹底した自炊なら食費を月10,000円~15,000円にすることができる

自炊はそこそこで問題ない

 ALL外食と徹底した自炊なら食費において月に60,000円の差が出る。

同僚
同僚

月に60,000円の差は大きいけど、徹底した自炊はめんどくさいわ~。

 確かに、徹底した自炊は誰もがすることができないだろう。 

 それならば、それなりに自炊をしてそこそこ食費を削る。

 それが、一般的なサラリーマンにとって最も費用対効果が高い倹約である。

自炊の倹約ポイント

・自炊を吸過ぎるのはしんどい

・そこそこに自炊と付き合うのが最も費用対効果が高い

 倹約は長く続けることが大切である。

 無理をした倹約は短い期間ならすることはできるだろうが、長い期間続けることができないような倹約はするべきではない。

 徹底した自炊は多くの人が継続することが難しいだろう。

 自炊をメインにしつつ、疲れている時は外食をする。

 これぐらいの距離感がひとり暮らしにとって最もいい自炊との付き合い方であるのではないだろうか。

自炊との上手な付き合い方

・自炊をメインにしつつ、疲れている時は外食をする

 この距離感で電池くんは月の食費を25,000円以内におさめている。

電池くん
電池くん

わしは、仕事にはお弁当を作ってもっていくし、夜ごはんは適度に自炊をしているで。

それでも自炊ができない人は

同僚
同僚

外食を織り交ぜるのがいいのはわかったけど、それでもめんどくさいよ~。

 倹約したいけど、自炊するのはめんどくさい。

 そうゆう人は、できることからはじめてみて欲しい。

 毎朝、お茶をコンビニで購入しているなら、お茶を自分で沸かす。

 それだけでも、非常に倹約の効果は高い。

 そういったできるようなことからはじめてみるのが倹約の第一歩である。

まとめ

 一般的なサラリーマンは普通の生活をしていれば、貯蓄をすることが非常に難しい。

 そして、短期間で収入を増やすことは簡単ではない。

 しかし、支出を減らすことは比較的容易にすることができる。 

CHECK!

・一般的なサラリーマンが収入を増やすことは難しい

・倹約して支出を減らすことは簡単にできる

 支出を減らすポイントとしては、費用対効果の高い倹約をすることである。

 我慢に我慢を重ねて月に500円支出を削減するのはいい倹約とは言えない。

 そして、効果の高い倹約が「自炊」である。

電池くんが考える効果の高い倹約

・自炊

 ALL外食と徹底した自炊なら月に60,000円ほど差が出る。

 しかし、徹底した自炊は非常に時間がかかるし、人によっては費用対効果が著しく悪い。

 それならば、ほどよい距離感で付き合うのがいいだろう。 

自炊の倹約ポイント

・自炊を吸過ぎるのはしんどい

・そこそこに自炊と付き合うのが最も費用対効果が高い

 ひとり暮らしにとって一番いいのが、自炊をメインにしつつ、適度に外食する。

 これぐらいが最もいい距離感の自炊との付き合い方である。

自炊との上手な付き合い方

・自炊をメインにしつつ、疲れている時は外食をする

 それでも、自炊ができない人はお茶を沸かすなど、少しの倹約でもいいからはじめて見るのがいいだろう。

電池くん
電池くん

株式投資でも何でも、大切なのは距離感や。

のめり込み過ぎるとしんどくなるし、距離を取り過ぎても飽きてしまう。

日常に支障をきたさないような距離感を保つことが大切やで。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ


読んでいただきありがとうございました。記事が良かったらクリックをお願いいたします。励みになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました